流行のグルテンフリーダイエット! 詳しい方法って?!

流行のグルテンフリーダイエット! 詳しい方法って?!

気がつけば日本でも、お米が主食の和食より、小麦中心の欧米スタイルの食生活を送る人が年々増えつつあります。
今話題の「グルテンフリー」ですが、その詳しい方法って実際きちんと把握していらっしゃいますか?
正しい知識を身につけて、美容や健康を手に入れましょう!

グルテンフリーダイエットって?

グルテンとは、小麦やライ麦、大麦に含まれるタンパク質の一種のことで、パンやケーキなどのモチモチ感を出したり、膨らませたりするのに関係している成分です。
最近の研究では、このグルテンが肥満や消化などに影響があることがわかってきています。
小麦製品に含まれる「アミノペクチンA」というでんぷん質は、血糖値を上昇させる働きが強く、インスリンの分泌を急激に増やしますので、太りやすくなります。
さらに、肌の老化の原因である糖化が促進され、皮脂腺を刺激してニキビができやすくなるなど、肌の老化やニキビにも関係していると言われています。
また、グルテンに含まれる「グリアジン」という成分は脳内で麻薬のような働きをする物質で、グルテンを含む食べ物を食べれば食べる程、もっと欲しくなるという中毒性を持っています。
欧米ではグルテンアレルギーが問題となっており、グルテンフリーに関して至るところで注目されています。
日本ではグルテンアレルギーの研究の歴史がまだ浅いため、そこまで重要視されていませんが、ニキビや肥満、便秘などの症状がある場合は、グルテンの摂り過ぎが原因している可能性もありますので、グルテンフリーを取り入れてみるのもひとつの方法でしょう。

食べていい食材、避けた方がいい食材

グルテンを含む食材とは、具体的にどんなものがあるのでしょうか。
一覧表にしてチェックしてみましょう。

【OK食材】
米、餅、きび、あわ、キヌア、十割そば、ビーフン、フォー、はるさめ
米粉、玄米粉、そば粉、大豆粉、片栗粉、葛粉、コーンスターチ
魚介類、肉、卵、芋類、野菜、果物、豆類、豆腐、納豆、こんにゃく
チーズ、ヨーグルト、だんご、チョコレート、ナッツ、ドライフルーツ
ワイン、シャンパン、ウイスキー、日本酒、焼酎

【NG食材】
パン、ベーグル、パスタ、小麦粉、全粒粉、パン粉
うどん、ラーメン、焼きそば、マカロニ、クスクス
ピザ、揚げ物の衣、餃子の皮、ワンタン、中華まんの皮、麩
市販のカレーやシチューのルウ、ケーキ、クッキー、マフィン、スコーン
ドーナツ、クラッカー、ビール、発砲酒

【要確認食材】
意外にもグルテンが潜んでいる食材はたくさんあります。
原材料表示を見て、確認をしましょう。

<そば>
100%そば粉の十割そば以外は、つなぎに小麦を使用しています。

<米粉パン>
ふっくらとさせるために、小麦を混ぜている場合があります。

<醤油>
一般的な醤油は多くの食品で小麦を使用しています。
大豆と塩のみで作られた本物の醤油がオススメです。

<味噌>
麦味噌はグルテンが入っています。米味噌などはOK。
醤油と一緒で小麦使用のものもあるので原材料を見ましょう。

<酢>
米酢や玄米酢はOK。醸造酢は小麦使用の可能性があります。

<アイスクリーム>
コーン部分、もなか部分、クッキー入りのものなどに小麦使用の場合があります。

関連記事