目薬を使った美容法! 男性から「目がキレイ」と言われるには?

目薬を使った美容法! 男性から「目がキレイ」と言われるには?

白目がキレイな女性は素敵に見えますよね!
充血している目は疲れて見えてしまいます。
そこで、そんな悩みを解決する目薬活用法をご紹介します!
Sao

目薬があなたのキレイな目を作る!

パソコンの使いすぎや寝不足、コンタクトの装着など、現代人は目を酷使しています。
その結果目が充血し、キレイとは言い難い目になってしまうこともしばしば…。

では、目をキレイにするにはどうしたらいいのでしょう?
男性に好きなタイプを聞いてみると「目がキレイな人」という答えが来ることがありますが、これは白目がキレイだということですよね。
つまり、目の充血対策が重要なのです!
そこで、今回は充血におすすめの目薬をご紹介したいと思います。

※注意※
アレルギー性結膜炎、感染性結膜炎、ドライアイ、ぶどう膜炎などが原因で充血しているという可能性もありますので、異常を感じた場合は早めの受診をおすすめします。
目薬

常用! ドラッグストアで買えるおすすめの目薬

「ロートリセb」
充血除去剤(塩酸テトラヒドロゾリン)を最大濃度配合。充血を除去し、キレイな瞳へ導いてくれます。
目の充血の原因となるUVダメージやかゆみなどにも効果が期待でき、これからの季節にはもってこいです。
また、ピンクの液色は栄養成分で、ピント調節機能を改善する作用をあわせもつ「ビタミンB12」の色なのでかすみ目にもおすすめです。

「サンテPC」
パソコンやスマートフォンなどを使うことの多い人におすすめの目薬。
目のピント調節機能を改善するビタミンB12と角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウム、ダメージを受けた目の組織代謝を活発にするビタミンB6が最大濃度配合されているので仕事中の疲れ目にピッタリです。

白目の救世主! あの女優さんも使っている目薬とは

「イノクサ ローションプレージュ ブルードロップ」
藤原紀香さん愛用のフランス製の目薬。
お値段は高いのですが、女優さんのような綺麗な白目を作ってくれます。
目に潤いを与え、白目を白くしてくれる救世主です。
疲れ目にリラックス効果も与えてくれます。
一回片目1~2滴ずつ、一日数回、最低30分の間をおいて、ご使用ください。

日常生活でできる目の充血対策法

上記のように目薬をご紹介しましたが、日常生活から気をつけていくのが良いです。
長時間にわたってモニターを凝視する仕事の場合、間に休憩を挟むことでだいぶ目の疲れを抑えることができます。
1時間に約15分は目を休め、目の疲れをとる体操やマッサージをするのがおすすめです。
目を大きく開いたりつぶったりする動作を繰り返し行うことも目の疲れをとる効果がありますよ!


目の疲れを目薬で対策し、キレイな目を作っていきましょう!

関連記事