つけて寝るだけ! アイマスクで眼精疲労対策

つけて寝るだけ! アイマスクで眼精疲労対策

老化は「目からくる」と、いわれています。目を酷使することの多い現代の大人女子に、簡単な眼精疲労対策を教えちゃいます!

アイマスクをつけて寝る、それが眼精疲労対策

常に目の下にクマをつくり、眼精疲労の自覚症状があり、目がしょぼしょぼすることの多い筆者ですが、効果的な眼精疲労対策を今まで見つけることができませんでした。というのも筆者は、とっても面倒くさがり。だから、「●●だけ」という簡単なケア方法を模索していたんです。

出会いました、「アイマスク」。つけて寝るだけ。まさに、求めていたものなんです!

その名は、ベネクス(venex)アクセサリー アイマスク。

ベネクスのアイマスクが眼精疲労対策にいい理由

でもなぜ、ベネクスのアイマスクが眼精疲労対策につながるのでしょうか?
その理由は、ナノプラチナなどの各種鉱物を組み合わせた、「PHT」という特殊素材。着用することで、副交感神経が優位な状態へ導かれることをサポートして、休息時の体が回復しやすい環境になり、リラックス状態へと導いてくれるというのです。

アイマスクをつけて寝る習慣のない私は、最初の頃、目覚めた時にアイマスクがおでこにあったり、あごのところにあったりと、思った通りにいかなかったんです。
不快感はないものの、目のケアにはなっていない…と思っていたのですが、1週間ほど続けるうちに慣れてきたようで、朝まで目の場所でとどまってくれているようになりました。
つけた感じは程よくクッション性があり、圧迫感はなく、優しいつけ心地。

アイマスクを使ってみた結果、眼精疲労は?

「クマが消えた」とか、「1日で眼精疲労がすっかりなくなった」という劇的な効果はありませんが、穏やかに疲労が回復している感覚はありました。
以前は、朝起きた時にも眼精疲労が残っていて、朝から目が乾いている状態の筆者ですが、それが軽減したのです。目の周辺の血行が良くなったのか、顔色が少し良くなってきたのを感じられます。

手軽にできる毎日の目のケアを考えているなら、ベネクスのアイマスクはいいかもしれませんよ!

関連記事