ダイエット中の人必見! 食べても太らない時間帯

ダイエット中の人必見! 食べても太らない時間帯

頑張ってもなかなか痩せられない。食欲が抑えられない。ダイエットには悩みが尽きません。実は、食べても太らない時間帯があるのは知っていましたか?

食べても太らない時間帯

なかなか痩せられなくて困っている人には、とっても嬉しいことに、《食べても太らない時間帯》というものがあります。その時間帯は、ずばり午後3時、おやつの時間とよく言われる時間です。この時間帯は、生理学的にも食べた物が最も脂肪になりづらい時間帯だそうです。

なぜ午後は太りづらいのか?

人は眠っている間は、副交感神経が優位で、目覚めると交感神経に切り替わり、体温の上昇が始まります。交感神経は、脂肪を燃焼させる働きがあり、副交感神経は、脂肪を溜め込む働きがあります。
したがって、交感神経が活発な時に食べれば、脂肪になりづらいので、朝食や昼食は、沢山食べてもOKなのです。
上昇していった体温は、夕方あたりに最高潮に達し、少しずつ副交感神経に切り替わって行きます。この時間帯がだいたい夕食時。なので、夕食を沢山食べることは、脂肪を溜め込みやすくなるのです。
もし、沢山食べたい、甘い物や脂っこいものも抑えられない、という欲求があるのならば、朝食や昼食、3時のおやつの時間に持ってくるとよいでしょう。

BMAL1(ビーマルワン)とは?

人間の体には、BMAL1というたんぱく質があり、体内時計を調節する役目を持っています。脂肪を蓄積させる働きがあり、時間帯によってその量が変動します。BMAL1少ない時間に食べれば太りにくいということです。
午後3時が1日のうちで最もBMAL1が少ない時間で、反対に最もBMAL1が多いのは、午後10時〜夜中の2時頃と言われています。したがって、食べても太らない時間帯とは、午前中から午後3時あたりで、午後3時が最も脂肪になりづらいといえます。
また、血糖値が高い時に物を食べると、血糖値が更に上がってしまい、それを下げようと、より多くのインスリンが分泌されます。脂肪を作り、分泌を防ぐインスリンの過剰分泌は肥満の原因になります。
空腹時は血糖値がさがるので、空腹になる時間と食事を摂取する時間が一致するように調節できるのが理想的です。ただし、空腹時にいきなりGI値が高いものを食べると血糖値が急上昇してしまうので、GI値が低いものから食べるように心がけましょう。
たべもの

BMAL1を意識してストレスのないダイエットを

極端な食事制限や、ハードな運動を伴うダイエットは、辛くストレスも伴うのでなかなか続かないですよね。食べる時間を意識するだけでも痩せやすくなりますし、取り入れやすいでしょう。
BMAL1が少ない時間にタイミングを合わせて食べるようにして、スリムボディを目指してみてはいかがでしょうか。
ただ、注意したいのは、時間帯を意識すればいくら食べてもいいという訳ではありません。「太りにくい」のであり「太らない」わけではありません。
賢く上手に食べるように意識してみてください。

関連記事