簡単手間いらずで、ジェルネイルの持ちを良くする方法

簡単手間いらずで、ジェルネイルの持ちを良くする方法

大人女子の必須オシャレになりつつあるジェルネイル!
少しの時間でジェルネイルの持ちを良くする方法、実は簡単なことなんです。

少しの手間で綺麗なつやつやジェルネイルを維持しよう!

大人女子の必須オシャレになりつつあるジェルネイル。「どんなデザインにしようかな?」という相談と同じくらい聞こえるのが、「ジェルの持ちを良くさせたい」の声。
持ちは、状態や体質にもよりますが、少しの手間で持ちをいつもより良くすることは可能です。
今回は、そんなジェルネイルを簡単に長持ちさせる方法をネイリストでもあるandreaがご紹介します。

ジェルネイルのケア方法① 指先にオイルを塗る

水分の蒸発を防ぐ効果と甘皮周りに出来やすいささくれを出来にくくする効果があります。 

爪は、ケラチンという成分が角質化したものが三層になって出来ています。
その三層を繋いでいるものが水分です。冬に二枚爪になりやすいのは、層と層の間の水分が乾燥してしまい、捲れてしまうことで二枚爪になってしまうのです。
ジェルは、その一番上の層に密着しているので、二枚爪を防ぐことはジェルが剥がれることの予防にもなる、というわけなんです。 

ジェルネイルのケア方法② 指先をマッサージする

つめ
爪の根元の部分を優しく2秒押す。
これを10回繰り返す。

爪を作り出す「ネイルマトリクス」という場所に軽く刺激を与えることで、爪がより健康になります。
※ただし、強すぎるとネイルマトリクスを傷めてしまうので、優しく押すこと。

爪の根元から健康にすること、そして、ジェルネイルがツヤがあり美しく見える状態をキープすることが目に見えて分かるので、大人女子が楽しんで出来る美容法としてオススメです。

しっかりケアしてもっとジェルネイルを楽しみましょう!

おうちでできる簡単なジェルネイルのケア方法をご紹介しました。
ぜひ実践して、もっと指先のおしゃれを楽しみましょう!

関連記事