暑苦しい? メイクも季節に合わせてクールチェンジで若返り!

暑苦しい? メイクも季節に合わせてクールチェンジで若返り!

一年中同じようなメイクをしていませんか? これらの季節はジメジメして気温が上がってきます。服だけでなく、メイクもクールにチェンジしましょう。

つけまや真っ赤なルージュはお休みしましょう

冬の間は、ボリューミーなつけまつげや、真っ赤なルージュを引いても、それほど暑苦しい印象にはなりませんが、これからの季節は、とにかく「引き算メイク」にチェンジすることが大事。
季節感のないメイクをしていると、それだけで、老けた印象に見えてしまいます。
服に合わせてメイクもクールダウンすることで、ヘルシーで若々しい印象になることができるんです。

これからの季節は「ブルーベース」にチェンジして

これからの季節に意識したいのが、ブルーベースのメイクアップ。
赤みを抑えることで、涼しげな印象に出来るのです。
例えば、今まで眉を茶眉にしていたなら、ブラック系のアイブロウパウダーですっきりとした眉にするだけでも印象は随分変わります。
チークも、赤系のピンクではなく、ブルーイッシュなピンクを選んで、面積を広げすぎずにぼかすことで、涼しげな印象に。
アイシャドウも、淡いブルーをほんの少し目尻にぼかすだけで、切れ長のクールな瞳が演出できます。
リップはチークに合わせて、ブルーイッシュなピンク系を選ぶか、もしくは、ヌーディーなベージュ系で抑えるのもオススメ。

マスカラはボリュームよりも、ロングタイプで涼しげに

今までつけまやエクステで目元を強調していた人は、切れ長のアイラインと、すっきりロングなまつ毛になれるマスカラで、目元のボリューム感を抑えてあげて。
アイラインは太くべったりとではなく、すっきりとしたラインになるように調整するのがポイント。ペンシルタイプでぼかすよりも、リキッドやジェルタイプのアイライナーですっきりと引いてあげるとクールメイクに。
まつ毛はボリュームよりもすっきりと長さを出すことで、暑苦しさをオフ出来ます。

今年は、夏を先取りして、ナチュラルメイクでクールにチェンジしましょう!
夏メイク・マスカラはロングタイプで涼しげに

関連記事