ロングヘアの女性におすすめ! タオルドライで早く乾かすコツとは

ロングヘアの女性におすすめ! タオルドライで早く乾かすコツとは

お風呂上がりに髪を乾かすのは、ロングヘアの女性にとって面倒ですよね。
そこで早く乾かすためのポイントをお伝えしちゃいます!
Sao

お風呂上がりの10分を有意義に使おう!

ロングヘアの女性にとって髪を乾かすのは時間がかかってとても大変。
遅く帰った時なんて更に面倒くさいですよね。
どうにか早く乾かせないものでしょうか。
そこで、“お風呂上がりにこれさえ押さえておけば髪が早く乾くぞ”というポイントを伝授したいと思います!
お風呂上がりの時間を上手に使っていきましょう!

タオルは2枚使いが鉄則!

まずは正しいタオルドライの方法をご紹介。

1.洗髪後、毛先をきゅっと絞って、水気を切る
2.乾いたタオルを頭に当て、指の腹を小刻みに動かし地肌と根元の水分を揉むようにふき取る
3.髪の中間から毛先は、タオルで毛束を挟んでやさしく押さえ、水気を吸い取る


上記を頭に入れてからのおすすめポイントがこちら。

髪を乾かす時に使うフェイスタオル。1日1枚使っている方が多いかと思いますが、これを2枚にしてみましょう。

タオルドライしていると1枚目がどんどん濡れてきます。
濡れたままのタオルで続けて拭いていても効果がありません。

タオルドライで拭ききれなかったらキッチンペーパーを使う!

タオルドライ後、意外と拭ききれていないことが多いです。
そんな時におすすめなのがキッチンペーパーです。

吸水性に優れているので余分な水分をしっかり取ってくれます。
キッチンペーパーがない場合はティッシュで代用も可能です。

こちらは使い捨てになってしまうので、もったいないと思う方はハンドタオルなどもおすすめ。
タオルドライで拭ききれなかったらキッチンペーパーを

乾いたタオルを頭に乗せてドライヤー

そんなに濡れていない場合は先ほど使用した2枚目のフェイスタオルを使用しても良いです。
こちらを頭にかけて、内側にドライヤーの温風を流し込むと、タオルが水分を素早く吸収してくれるので早く乾きます。

また、熱ダメージも少なく済みますし、しっとりした感触に仕上がります。
どうしてもダメージが気になる方はドライヤーの前にヘアトリートメントを塗布するのが良いでしょう。

全体が少し乾いてきたら根本を重点的に

上半分の髪を取ってクリップでとめて、下半分の髪を根元を中心にドライヤーの風をあてて乾かしましょう。
乾いたら、クリップを外して上半分の髪を同様に乾かします。
根本が乾き始めると、余熱や伝導熱で毛先も乾いてきますので、これだけで随分時短になります。

仕上げは冷風で

冷風をあてることで、熱で開いたキューティクルを閉じ、髪を引き締めてくれます。
また、髪は冷やすことで形がキープされますので、冷風をあてると寝癖などもつきにくくなりますよ!


お風呂上がり10分でサラサラロングヘアの出来上がりです!
今までのように時間をかけなくても大丈夫です!

関連記事