女性も加齢臭に要注意!臭いの原因と対策を知っておこう

女性も加齢臭に要注意!臭いの原因と対策を知っておこう

「加齢臭」はオジさんだけではなく女性も関係あるのだとか!?女性ホルモン減少に伴う「女性の加齢臭」はいったい何歳から注意すべきなのでしょうか?その原因と対策をご紹介します。女性の加齢臭ケアは大切ですよ!

女性ホルモン減少に伴う「女性の加齢臭」は、皮脂の酸化が原因

【加齢臭とは?】
2000年に、資生堂の研究所が中高年特有の「脂臭くて、青臭いニオイ」の原因物質が「ノネナール」であることを発見。この体臭を「加齢臭」と名付けたことから、世間に知られることになりました。

「ノネナール」は、中高年の皮脂に含まれる脂肪酸が分解されたり、過酸化脂質によって酸化することで発生します。若い人の皮脂には、この脂肪酸がほとんどなく、過酸化脂質の量も少ないため、「中高年特有の臭い」と言われています。


【35歳を過ぎると、女性からも加齢臭が?】
加齢臭は「おじさんの臭い」というイメージがありませんか?ですが、「ノネナール」は男女問わず、40歳を過ぎた頃から年齢に比例して増加し、60代で急増する成分。

男性は女性よりも皮脂量が多い為、臭いが目立ちやすいだけであり、皮脂量の少ない女性も原理は同じなのです。特に女性は、体内の女性ホルモンの働きで皮脂分泌を抑えていましたが、女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの働きが活発化し、皮脂が増えて加齢臭を発しやすくなります。その「女性ホルモンが減り始める時期」が35歳前後と言われているのです。

更に、若い頃は、体内の抗酸化物質によって細胞の酸化が防止されていますが、40歳を過ぎると抗酸化物質の働きが弱まり、細胞が活性酸素によって酸化しやすくなります。それが皮脂の酸化を強め、加齢臭を強めるのです。

食物繊維をとって、加齢臭の原因物質を体外に排出!

食物繊維多い野菜
【加齢臭が発生しやすい部分】
「枕のニオイ」という通り、頭皮は皮脂の分泌量がとても多く、臭いやすい部分。他には、ワキや背中、首の後ろなども加齢臭が多く発生しやすい場所です。

【加齢臭予防の為にできること】
1)1日1回のシャンプーと、シャンプー後のドライヤーをしっかり
1日に何回もシャンプーをするのは、必要な皮脂を奪い、逆に皮脂の過剰分泌につながります。シャンプーは1日1回に。それ以上洗いたい時は、お湯だけで洗うようにしましょう。

頭皮のベタつきが気になる時は、緑茶やウーロン茶を軽くふくませたコットンで頭皮をふくと、「ノネナール」を吸収してくれます。その際、頭皮に必要な常在菌を殺菌してしまう可能性があるため、除菌ティシュの使用は控えましょう。

また、臭いはそもそも、皮脂を餌とする雑菌が繁殖することで発生します。生乾きの髪は雑菌が増えやすいため、髪の毛はきちんと乾かしてから寝ましょう。

2)お肉類を控え、善玉菌を増やす食物繊維を
臭いの原因物質の主なものは、「動物性たんぱく質」です。大腸で、たんぱく質が悪玉菌に分解されると、腐敗してアンモニア等を作り、それが悪臭の元になります。

よって、まずはお肉類を控えましょう。そして、善玉菌の餌となり、臭いの原因物質を体外に排出してくれる食物繊維を多く摂るとよいでしょう。めかぶ、キウイ、ごぼう、ブロッコリー、切り干し大根、ひじき等に多く含まれています。

3)抗酸化力の強い食材をとる
活性酸素による体内の酸化が、ノネナールの発生原因になっています。そこで、抗酸化力の強いバナナ、にんにく、ごぼう、タマネギ、人参、ほうれん草といった食材を積極的にとってみてください。

「皮脂を分泌させない」「皮脂はすぐ取り除く」そして「体内酸化に気をつける」の3つに気をつけて、臭わない体づくりをしてみましょう!

関連記事