「肝斑(かんぱん)」は30〜40代で急増!? 原因と治療法は?

「肝斑(かんぱん)」は30〜40代で急増!? 原因と治療法は?

ほお骨周りにあらわれたシミが、左右対称なら「肝斑」かもしれません。30〜40代の女性に急増するという「肝斑」の原因は? 治療法は? 悪化させないためにできることって? 

30-40代で急増!女性ホルモンが影響するシミ、肝斑(かんぱん)

そもそもシミとは、肌が紫外線を浴びた際に肌を守ろうとしてできるメラニンが、肌から排出されず留まってしまうことによって出来るもの。

若くて健康な肌では、古い細胞と共に、紫外線により出来上がったメラニンが押し上げられて皮膚から排出されます。ですが、加齢やストレスでそのサイクルが滞ると、メラニンが排出されずシミとなって残ります。

一方で「シミ」といっても、医学的には幾つかの種類に分類されます。その中の1つで、30−40代女性に多く見られる、化粧で隠しづらく、治りづらいシミが「肝斑(かんぱん)」なのです。

■肝斑(かんぱん)とは?
ほお骨にそって、目の周りを避け、左右対称に出来るシミのこと。特に、美白ケアや紫外線対策をしているにも関わらずシミがどんどん増えるという時には、肝斑を疑ってみては?というのも、肝斑は「自分の中に原因がある」シミだからです。

■肝斑ができる原因
肝斑は、30-40代女性で、特にピルを飲んでいる人や妊婦さんに多く見られることからも「女性ホルモンが影響してできるシミ」と言われています。その為、高齢者にはほとんどみられず、閉経とともにシミが薄くなるそうです。

肝斑治療には、トラネキサム酸とビタミンCの内服薬を!

とはいえ、紫外線などが原因で出来る一般のシミと、ホルモンバランスに影響されて出来る肝斑は違いも分かりづらいもの。「美白をしてもシミが増える一方!」という場合は、皮膚科で自分のシミがどの種類のものなのか、相談してみましょう。

お医者さんで「肝斑」と判定された場合、主な治療法は、トラネキサム酸とビタミンCの内服薬と併せて、美白外用薬の使用が一般的です。レーザー治療を行うクリニックも増えてきましたが、レーザーは肝斑の症状を悪化させ色素沈着を招く可能性もある為、注意が必要です。

肝斑の治療

■トラネキサム酸とは?治療効果は?
アレルギーや炎症を抑える成分で、口内炎やじんましんなど、幅広い治療に使われています。個人差はありますが、内服した場合、約4〜5週間で治療効果が現れるとのこと。まずは1〜2ヶ月じっくり取り組んでみましょう。

■他の種類のシミも出来ていた場合は?
肝斑の上に、他の種類のシミが重なって濃いシミになっている場合もあります。その際、まずは肝斑治療を優先させましょう。肝斑が治った際に、重なっていたシミが逆に目立つこともあるかもしれませんが、その時は残ったシミを適切な方法で治療するのが一番です。

肝斑を悪化させない為に

■ストレスを溜めないこと
女性ホルモンはストレスによりバランスを崩すことから、十分な休養と睡眠を取り、バランスの良い食生活をして、ストレスを溜めないことが大事です。

■紫外線対策をすること
せっかく治療をしても、紫外線が今ある肝斑を悪化させたり、新たなシミを引き起こすことも。日焼け止めをこまめに塗り直し、予防をしましょう。



女性ホルモンが関わるシミ「肝斑」は治りづらいものの、根気よく続ければ効果も出てきます。まずは自己判断で美白対策をする前に、自分のシミがどの種類のシミなのか、皮膚科で相談してみましょう!

関連記事