お肌だけではNG! 今すぐ始める髪と頭皮の紫外線対策

お肌だけではNG! 今すぐ始める髪と頭皮の紫外線対策

皆さん、紫外線対策はお肌だけと思っていませんか? 実は、紫外線は髪や頭皮にも悪影響を与える恐ろしいもの。健康な髪と頭皮のためにも、今すぐ紫外線対策を始めましょう!

実はダメージを受けやすい髪と頭皮

露出も増え、紫外線も強くなってくるこの時期、お肌の紫外線対策はしていても、髪や頭皮への紫外線対策は忘れがち。しかし、最も太陽に近く直射日光に当たりやすい髪や頭皮は、浴びる紫外線が2倍以上とも言われています。
お肌の日焼けはすぐ気付きますが、頭皮は日焼けしても炎症を起こしていても気付いていなかったり、髪がパサパサになっていてもそれが紫外線のせいだと気付いていない人が多いようです。

紫外線が髪に及ぼす影響

髪が紫外線を浴びると、毛髪内部のメラニンを分解し、たとえ健康な髪であっても、赤茶っぽく変色し、パサパサした質感になります。
また、見た目のダメージだけでなく、毛髪のタンパク質を構成するシステインという結合部分にもダメージが及びます。すると、髪の毛が変なところで突然切れる切れ毛、そして毛先が割れる枝毛となってしまうのです。

紫外線が頭皮に及ぼす影響

髪は、傷んでいるという感覚を自ら察知することができますが、頭皮はダメージを実感しづらい部分でもあります。
強いダメージを受ければ、赤くなったり、ヒリヒリすることで、気付くことができますが、日々紫外線を浴びることで、徐々に細胞が壊されています。
髪を作る元となっている毛母細胞が、紫外線の影響でうまく働かなくなると、抜け毛の原因となったり、そもそも髪が作られなくなったりと、薄毛の原因になります。また、毛根には髪を黒くする細胞がありますが、紫外線のダメージでその細胞が破壊されると白髪発生の原因にも。
頭皮は、髪を育てる元となる部分なので、その頭皮がダメージを受けるのは、髪以上に重大な問題です。

髪と頭皮の紫外線対策

①帽子や日傘で紫外線をブロック
まずは、帽子をかぶったり日傘をさすことで、紫外線をシャットアウトするのが基本中の基本です。
UVカット加工された製品もあるので、紫外線遮蔽率の高いものを選んで使用するとよいでしょう。

②髪をまとめる
髪が長い人は、お団子にするなど髪を小さくまとめると、その分紫外線にあたる面積を減らすことができます。
スタイリング時には、洗い流さないトリートメントをつけるなど、髪表面のキューティクルを保護すると、尚よいでしょう。

③髪や頭皮用のUVケアアイテムの使用
最近では、髪や頭皮にも使えるUVケアアイテムがあります。出かける前に使用するとよいでしょう。
かみ

ケアよりも対策が大切

紫外線のダメージを受けてしまってから、どんなにケアをしても完全に元通りになるとは限りません。ケアすることよりも日焼けしないように防ぐことの方が大切です。
今日は曇っているから、そんなに長時間外を歩かないし、などの油断は禁物。外出する時は常に注意するようにしましょう。
関連キーワード

関連記事