海外セレブも愛飲! 今コンブチャがアツイ!

海外セレブも愛飲! 今コンブチャがアツイ!

アメリカではすでに大人気の「コンブチャ」をご存知でしょうか。日本人の私たちは「昆布茶」を連想してしまいますが、実は全くの別物! そんな「コンブチャ」について解説していきます。

「コンブチャ」とは?

「コンブチャ」の発祥はモンゴル。ロシアでは伝統的に飲まれている発酵飲料です。
紅茶やウーロン茶などのお茶をバクテリアと酵母菌でできたスコビーという菌塊で発酵させたもので、フルーティーで酸味があります。スコビーの見た目がキノコに似ていることから、日本では紅茶キノコと呼ばれ、昭和40〜50年代に流行したことがあります。
炭酸飲料よりも糖分が少なく、豊富な栄養素を含むことから、美容や健康に敏感な海外セレブの間などで流行しています。

「コンブチャ」の成分と効果

①乳酸菌
腸内の善玉菌の一種で、食べ物の消化や吸収を助けて腸内環境を整えたり、便秘解消、肌トラブルの解消、コレステロール値を下げるなどの働きがあります。

②酵素
最近ダイエットや健康など、何かと話題の酵素。生体活動に必要な触媒となる成分です。
生体活動とは、食べる→消化→吸収→排泄の一連の流れのことで、酵素が体内にあることで、生体活動がスムーズに行われます。

③ポリフェノール
乳酸菌の働きを助ける成分。抗酸化作用があり、アンチエイジングの強い味方です。
また、リパーゼを阻害するので、脂肪抑制効果もあり、ダイエットにもよいでしょう。

④ビタミン・ミネラル・アミノ酸
体の調子を整えるために、重要で必須な成分。
ビタミン・ミネラル・アミノ酸を単独で摂取するよりも、複合して摂取した方が、相乗効果が得られるものが多いようです。
コンブチャ

「コンブチャ」の飲み方

①原液のまま
1回に飲む分量はショットグラス1杯分ほど。
朝食と一緒に1杯飲むとよいでしょう。

②割って飲む
原液は濃いめなので、水やソーダ水などで割って飲むのもおすすめです。水やソーダ水と一緒に摂取すれば、水分補給にもなるので、健康・美容のためにもよいでしょう。

③ホットでも
コンブチャはホットで飲んでもOKです。暖かい飲み物は、内臓を温めますし、冷たい飲み物より刺激も少なくなります。
コーヒーや紅茶に入れて飲むこともできます。

④食べ物に入れる
ヨーグルトやグラノーラなどに、はちみつやシロップのようにかけて食べてもよいでしょう。

関連記事