定番オーラルケアのメリット・デメリットを知る!アレが断然効果的

定番オーラルケアのメリット・デメリットを知る!アレが断然効果的

「色々ありすぎてどれを試したらいいのか分からない!」という方のために、定番のオーラルケアのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

あのオーラルケアのメリット・デメリットとは?

オーラルケア
●マウスウォッシュ(洗口液):食後や歯磨き後に口をゆすぐことで、口内の菌を取り除く
→メリット:何といっても手軽。約30~60秒ブクブクうがいをするだけ!
→デメリット:製品によっては独特の風味がキツイことも。食べかすを完全に取ることはできないので、他のオーラルケアと併用する必要があります。

●糸ようじ:ピンと張った糸がついたようじで、歯間の食べかすや汚れを取り除く
→メリット:手を汚さずに、歯に挟まった食べかすを取り除ける点。特に外出先で重宝します。
→デメリット:歯間が狭い人は糸が切れやすく、1度に数本使うこともあります。

●デンタルフロス:糸の両端を両手の指に巻き付けてピンと張り、歯間の食べかすや汚れを取り除く
→メリット:様々な方向・角度に糸を動かすことができるので、汚れが取りやすい点。小さい箱に入っているため、ポーチに入れても邪魔にならないという点もまた嬉しいポイントです。
→デメリット:洗面所等、人に見られるところでは使いにくい点。トイレの個室などでこっそり使いましょう。

●歯間ブラシ:細いブラシを歯間の根元にすき間に入れ、汚れを掻き出す
→メリット:使いやすく、汚れをサッと取ることができる。洗って再利用できるので、経済的にも助かります。
→デメリット:自分の歯間のサイズに合ったものを使わないと、隙間をさらに広げてしまう恐れがあります。

●電動デンタルフロス:水や空気を歯間に噴出させ、汚れを取り除く
→メリット:歯や歯ぐきを傷つけずに汚れを取り除ける点。驚くほどの量の食べかすが取れて驚いた、というレビューもよく聞かれます。
→デメリット:慣れるまでは胸元や洗面所がビショビショになってしまう点。購入価格も1万円前後とお高めですが、長期的に使い続けることで元を取ることが可能です。

オーラルケアは「合わせ技」が最強!

今回ご紹介したオーラルケアには、どれにもメリットやデメリットが存在します。筆者としては、普段の歯ブラシにプラスしていくつかのオーラルケアを併用するのがおススメです!

例:デンタルフロス+マウスウォッシュ、電動デンタルフロス+マウスウォッシュ.etc…

いくつか併用することで互いの足りない面を補い合うことができ、さらに完璧なオーラルケアが実現しそうですね!個人の好みもあると思いますので、まずは色々試してみましょう!

関連記事