女子あるある!知らない間に出来ていた足の青あざを消す方法とは

女子あるある!知らない間に出来ていた足の青あざを消す方法とは

ぶつけた覚えはないのに朝起きたら足に青あざが出来てた〜なんてことありませんか?
それにはこんな理由があったのです!
対処方法も含めてご紹介します。
Sao

夏到来!せっかく出すならキレイな足がいい!

女性ならではの不思議、"足の青あざ"。
いつの間にか出来てたりしますよね。
自分でもいつ出来たのか分からず、意外と治るまでに時間もかかったりして厄介です。

特にこれからの暑い季節では足を出す機会も増えるでしょう。
そんな時にあざのある足は出したくない!

今回は、足にあざが出来る原因とその対処方法をご紹介します。
美脚を手に入れて、男性を魅了しちゃいましょう!

注意!こんな人は青あざが出来やすい

①貧血体質の人
②胃下垂の人
③下痢になりやすい人(胃腸が弱い人)
④浮腫みやすい人
⑤冷え性の人

当てはまる項目はありましたか?
次に、青あざの対処方法を解説します。
青あざ

出来たばかりの青あざにはコレがいい

・冷やす
冷やすことで、患部の内出血を最小限に抑えることが出来ます。
10分〜20分くらい冷やせば腫れも痛みもひくでしょう。

【方法】
①時間のない時は冷やしたタオルor氷水で
朝などの時間がない時は冷水に浸したタオルやビニール袋に入れた氷水で患部を冷やしましょう!
これなら朝の身支度をしている時におこなえます。
氷水を使う場合はタオルで覆ってから使うようにして下さいね!

②時間がある時は洗面器に冷水を入れて
お風呂場で足だけ洗面器に入れ、患部を冷やすと共に足全体を冷やして行きましょう。

時間の経ってしまった青あざ対策

・温める
時間が経ってしまった場合は、冷やすよりもあっためるのが効果的です。
血行を良くし、リンパの流れを向上させてあげるのがポイントです。

【方法】
・温タオルでジワジワと温める
擦ったりせず、温かいタオルを患部にあててゆっくりとあっためましょう。
20分くらい温めてあげるのが効果的。

この他に青あざ対策で出来ること

①食生活に気をつける
鉄分やビタミンCが不足していると青あざが出来やすくなります。
ですから、鉄分不足にはプルーン、ひじき、レバーなど、ビタミンC不足には果物類全般を積極的に摂取するように心がけましょう。

②ヘパリン類似物質を使う
ヘパリン類似物質が入っている塗り薬を患部につけることによって、青あざの治りを早める効果があります。ヘパリン類似物質とは皮膚の乾燥を防ぎ、血行を良くする塗り薬です。
穏やかな薬で、副作用はほとんどないので、安心して使うことが出来ます。
ヘパリン類似物質は保湿クリームなどにも含まれていますので、確認してみてください。

③レーザーによる治療
青あざがしばらく経ってもとれないという方は打撲による青あざではなく、メラニン色素が沈着してできた青あざの可能性があります。
メラニン色素が皮膚の奥深い部分で発生した際に青あざのように見えることがあります。この場合、メラニン色素を消すためのレーザー治療が必要になってきます。レーザー治療を行っている病院で相談してみましょう。



今年の夏は青あざ対策をして、あなたもキレイな生足を保っていきましょう!
関連キーワード

関連記事