海外セレブも実践! 血液型別ダイエットで夏までに美ボディをゲット

海外セレブも実践! 血液型別ダイエットで夏までに美ボディをゲット

血液型によって体に合う食材とあまり合わない食材があることを知っていますか? なかなか痩せられないという人は、実は自分に合わない食材を摂取しているかも?!

血液型別ダイエットとは?

血液型によって、ホルモンや消化酵素、脳への伝達システムが異なるという研究結果があり、血液型によってそれぞれ適した食材が違うと言われています。
自分の血液型に合った食材を摂取していると、健康になり、消化機能や免疫力もアップし、美容やダイエットに効果が期待できます。しかし逆に自分の血液型に合わない食材を摂取すると、体調不良をおこしたり、太りやすくなったりもします。
自分の血液型に合った食材を積極的に摂取し、健康的な食生活をおくっていくのが、血液型別ダイエットです。

血液型別 適した食材と避けるべき食材

<A型>
A型は真面目で神経質、そしてストレスを溜めやすい傾向があります。また、農耕民族がルーツと言われているため、野菜や穀物が体に合っています。
濃い緑の野菜(ほうれん草、ケール、ブロッコリー等)、ニンニク、玉ねぎ、生姜、大豆製品(豆腐、納豆、味噌、小豆等)、サーモン、サンマ、サバ、イワシ、パイナップル、ベリー類を積極的に摂取するとよいでしょう。
胃酸と消化酵素が分泌されにくいので、肉や魚を消化しづらいのが特徴。乳製品の摂りすぎは肥満の原因にもなります。
赤身肉(牛、ラム等)、乳製品、小麦製品、キャベツ、ナス、しいたけ、うなぎ、エビ、イカ、ホタテ、バナナ、マンゴー、パパイヤ、ココナッツ、コーン油は極力避けたほうがよいでしょう。

<B型>
マイペースでわがまま、新しいものや楽しいものが好きなB型のルーツは遊牧民族。高い免疫力と消化酵素の分泌がとても活発で、幅広く食事を楽しむことができます。
赤身肉(牛、ラム等)、サーモン、サンマ、イワシ、ヒラメ、まいたけ、パプリカ、しいたけ、ほうれん草、ベリー類、イチゴ、バナナ、乳製品などを積極的に摂取するとよいでしょう。
逆に、鶏肉、コーン、ピーナッツ、レンズ豆、そば、ゴマ、アボカド、ココナッツ、柿、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオは極力避けたほうがよいでしょう。

<O型>
集中力があり、欲望に対してストレートなO型は、人間の原始の血液型とも言われており、消化酵素が豊富で胃酸の分泌が盛んです。
赤身肉(牛、ラム等)、鱈、鰤、青魚、海藻類、玉ねぎ、ほうれん草、オクラ、ブロッコリー、ベリー類、プルーンなどを積極的に摂取するとよいでしょう。
野菜のみのダイエットは合わないので、高タンパク、炭水化物少なめのダイエットが向いています。
小麦製品(パン、ケーキ、パスタ等)、タコ、乳製品、カリフラワー、きゅうり、しいたけ、梨、アボカド、ココナッツ、オレンジ、カシューナッツ、ピスタチオは極力避けたほうがよいでしょう。

<AB型>
合理的、自由人と二面性を持つAB型は、A型とB型の両方の特徴を持っており、全体的にバランスよく食材を摂取するのがベストと言えるでしょう。
大豆製品(味噌、納豆、豆腐等)、マグロ、サーモン、サンマ、鯖、鰯、ほうれん草、しいたけ、ブロッコリー、にんにく、ぶどう、レモン、グレープフルーツ、ベリー類、スイカ、低脂肪の乳製品を積極的に摂取するとよいでしょう。
太りやすい食材、合わない食材はB型と似ています。
鶏肉、加工肉、コーン製品、そば、ゴマ、ヘーゼルナッツ、バナナ、オレンジ、柿、ざくろは、極力避けたほうがよいでしょう。
食事

日々の食生活に

必ずしも、この血液型別ダイエットが自分にあてはまるとは限りませんが、日々の食生活に取り入れてみると、効果が出てくるかもしれません。あまり合わない食材だからといって、全く摂取しないなど栄養バランスが崩れてしまうような事は、しないでください。無理して食べる事はないぐらいの認識がよいでしょう。
全ての血液型に共通してよい食材は、サーモンや緑色の野菜です。日々の食生活に少し意識して取り入れいてみてはどうでしょうか。

関連記事