日焼け知らず! 踏み台昇降は美脚の救世主

日焼け知らず! 踏み台昇降は美脚の救世主

今年は「長めのスカート丈が流行る」と言われていますね。夏に向けて美脚へのラストスパートをかけたい方のために、簡単エクササイズをご紹介します!

踏み台昇降の驚くべき効果

踏み台
踏み台昇降運動とは、身体の前に置いた踏み台に片足ずつ上り下りを繰り返す運動のことです。室内でできる踏み台昇降は、日差しの強い季節や寒い冬などでも継続できるとして人気のエクササイズなのです。

具体的な消費カロリーも、気になるところですね。体重60kgの人が1時間のジョギングで480kcalを消費するのに対して、踏み台昇降運動では324kcalを消費することができるのです。ちなみに、ウォーキングでは160~320kcal(歩く速さによって変わります)を消費できるようです。お部屋のわずかなスペースだけで行えるエクササイズであるにも関わらず、踏み台昇降の運動効果はかなりのものであることが分かります。

そして、踏み台昇降運動の肝は何といってもその美脚効果。上下運動を行う踏み台昇降はウォーキングに比べて足にかかる負担が重めなので、ヒップ~足首のラインが見る見るうちに引き締まってきます。膝への負担が気になるという人は、踏み台の高さを低めにすることで負担を和らげることが可能です。

とっても簡単! 踏み台昇降の手順

踏み台昇降のやり方は、とても簡単です。踏み台さえ調達できれば、気が向いた時にいつでも始めることができます。

1)踏み台の準備:初回は、踏み台を準備するところから始めましょう。専用の踏み台が市販されているので、しっかり取り組みたい!という方は購入してもいいでしょう。また、不要になった雑誌にガムテープをグルグル巻きつけても踏み台になります。台の高さは5~30cmが目安ですが、膝を痛めていない初心者には10~15cmくらいがおススメです。もしあれば、ヨガマットなどを下に敷くと階下への騒音を抑えることができます。

2)踏み台昇降のやり方
まず、片方の足を踏み台に乗せ、次にもう片方の足も乗せて台に登ります。降りるときは、最初に踏み出した足からにしましょう。右→左→右→左…の順で上り下りしていけばいいというわけです。必須ではありませんが、足首への衝撃を抑えるために、スニーカー等のスポーツシューズを履いて取り組むといいでしょう。

3)運動中の注意
エクササイズ中は、猫背にならないように背筋をピンと伸ばしてリズミカルに上り下りすることを心がけてください。そして、台から落ちないよう、一歩一歩気を抜かないようにしましょう。時間は20分くらいからを目安に、少しずつ増やしていきましょう。

踏み台昇降を行う時間帯として避けて欲しいのが、血圧が高い起床直後、そして食事の後1時間程の時間帯です。あとは、できるだけ空腹時を狙って行うようにしてください。あまり時間帯に神経質になっても長続きしないので、「やれるときにやる」くらいの軽い気持ちで頑張りましょう!

関連記事