え?! 目から日焼け?! サングラスの色にはご注意を!

え?! 目から日焼け?! サングラスの色にはご注意を!

身体の中で最もUV対策をしにくいのが目。その目を守るつもりでかけているサングラスが、逆効果になってしまう事もあるから気をつけて!

目が日焼けすると肌にもシミが……?!

目の日焼け対策って、実はとても難しいもの。
何故なら、目に直接日焼け止めを塗る事は出来ないからです。
だから夏場は目元の日焼け対策も兼ねてサングラスをかける人も多いのでは?
でも、きちんとUV加工が施されたレンズを使っていても、あまり色の濃いレンズのサングラスをかけていると逆効果になってしまう場合があるんです。

というのも、サングラスのUVカット効果は真正面からの紫外線には効果的ですが、上下左右からの紫外線は目に届いてしまいます。
そして、濃い色のサングラスをかけていると、視界が暗くなるので、目はより多くの光を取り込む為に、瞳孔をひろげてしまうことに。
そうすると、目からより多くの紫外線が体内に入って来る事になるので、脳が身体を守る為に、メラニン色素を活性化させる指示を出すのです。

そうすると、目だけでなく、顔などのメラニンも活性化されて、潜在的に潜んでいたシミが浮き上がって来る……なんていう恐ろしいことも!

サングラスは大きめレンズのものがオススメ

サングラスをかける時は、UVカットのレンズで、さらにレンズが大きめの物を購入しましょう。
本当は、スポーツ用のサングラスのようにフェイスラインにフィットして、横からの紫外線も遮ってくれるタイプが良いのですが、さすがにあれはオシャレとは言いがたいのが難点。

そこでオススメなのは、日傘やハットで上からの紫外線をなるべくブロックしてしまうこと。確かに横からも紫外線は入って来ますが、まずは一番多い上からの紫外線をカットするだけでも、大きく変わります。
そして、サングラスのレンズは、きちんとUVカット効果があり、大きめでなるべく明るい色の物を選びましょう。

オシャレも楽しみながら、きちんとUV対策もしたいですね。
サングラス

関連記事