夏本番! 見せたい背中をつくる方法

夏本番! 見せたい背中をつくる方法

肌を露出することが多い季節になり、気になるのが背中。
意外とチェックされている背中、きちんとお手入れしましょう!

背中にきびが気になる人はココに注意!

①シャンプーやコンディショナーはすすぎ残しのないように
背中ニキビの原因として多いのがシャンプーやコンディショナーのすすぎ残しによるもの。
背中にシャンプーやリンスが残らないように丁寧に洗い流すのはもちろんですが、髪の毛を最初に洗って体を洗う、といった洗い方の順番を工夫する事もおすすめです。
シャワーと一緒に優しく手でなでるようにし、すすぎ残しをなくしましょう。
すすいだ後に、もう一度湯船につかるのもすすぎ残し防止には効果的です。


②パジャマは常に清潔なものを
「お風呂上りの綺麗な状態で着ているし、パジャマは寝るときだけだから毎日変えなくてもいいや」
と考えている人も多いかもしれませんが、寝ている時は自分が思っているよりも汗をかいているもの。
特に仰向けで寝る人は背中に一番汗をかき、汗や皮脂により雑菌が繁殖してしまう可能性もあります。
これが背中ニキビの原因に。
パジャマやシーツはこまめに取り換えて清潔を保つようにしましょう。


③食事からケア
もともと皮脂の分泌が多い場所である背中。
食べ物による油分や糖分の摂り過ぎは、皮脂の分泌量をさらに増やしてしまいます。
逆に背中ニキビに良いと言われているのがビタミンB2とビタミンC。
新鮮な野菜やフルーツを摂ったり、レバーや牛乳、チーズなどの乳製品、サバなどの青魚をバランスよく食事に取り入れるようにしましょう。


④肩こりもニキビの原因に
一見あまり関係なく思えますが、肩こりと背中ニキビには関係があるんです。
肩や背中がこるということは、血行が悪くなっている証拠。
血行が悪くなってしまうと、ターンオーバーの周期が乱れてしまい、その結果古い角質がたまり、背中ニキビを引き起こすことに。
背中も丁寧に洗っているし、食べ物に気をつけているのに背中ニキビができてしまう…という人は、もしかすると肩や背中のこりが原因かもしれません。
気付いた時にストレッチやマッサージをしたり、お風呂であたためてあげたりと、できるだけ血液循環を良くしてあげましょう。

週に一回は背中のスペシャルケアを

①古い角質をオフ
ピーリングジェルを使用することにより、肌の不要な角質や皮脂を取り去ってあげましょう。
ターンオーバーの周期を正し、新陳代謝の働きを助けることにもなります。
これにより透明感のある背中に。ただしやりすぎは禁物、週に一回程度にしましょう。

②ローションパックで保湿
背中の乾燥はニキビや黒ずみの原因の一つ。
大判のコットンやキッチンペーパーにローションをひたひたにして5分程度パックし、潤いを与えてあげるのもおススメです。
ボディーローションは大量に消費しますので、ジャバジャバ使えるような安価なものでも十分です。
パック後はクリームやオイルで潤いを閉じ込めてあげることを忘れずに。

関連キーワード

関連記事