「川島屋百貨店」〜未来は、きょうのお買物でできている

「川島屋百貨店」〜未来は、きょうのお買物でできている

ようこそ「川島屋百貨店」へ
ここは、店長の川島蓉子が、まち・みせ・ひとを取材し続け、日々のお買物を通じて出会った大切なものを、選んで紹介するデパートメントストアです。
川島屋百貨店

川島蓉子 ifs未来研究所所長

「川島屋百貨店」
〜未来は、きょうのお買物でできている

川島蓉子 ifs未来研究所所長
ようこそ「川島屋百貨店」へ。
ここは、店長の川島蓉子が、まち・みせ・ひとを取材し続け、日々のお買物を通じて出会った大切なものを、選んで紹介するデパートメントストアです。

世の中には、まだ知られていない良いものが、数多く存在しています。
その中には、作っている人たちさえ気づいていない価値が潜んでいるのです。

たくさんの人に知ってほしい、使って欲しい。
“作り手の思い”と“使い手の思い”をつなげたい。
そんな意図から、「川島屋百貨店」を開きました。

使うと暮らしがチャーミングになる、とっておきの品々。
生活をちょっと素敵にする日用品と、かえがえのない日常がひとつになって続いていく。
それが私の願いでもあります。

商品を選ぶにあたって、大切にしたことがいくつかあります。

○精緻な手仕事から、ユニークな視点で開発されたものまで、すべてに作り手の愛情が感じられること。
○“按配”や“加減”といった細やかさ、“慮る”“察する”文化が生み出した心遣いなど、豊かで繊細な感性があること。
○誰にでも開かれた敷居の低さがあり、価値と価格のバランスがとれていること。
○五感を豊かに刺激してくれる心地よさがあること。

今日の買物を楽しむことが、未来の豊かな暮らしを創っていくと思うのです。
本日もご来店、ありがとうございます!
川島蓉子 かわしま・ようこ
1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。
ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。
多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。
日経ビジネスオンラインや読売新聞で連載を持つ。著書に『TSUTAYAの謎』『社長、そのデザインでは売れません!』(日経BP社)、 『ビームス戦略』(PHP研究所)、『伊勢丹な人々』(日本経済新聞社)などがある。
1年365日、毎朝、午前3時起床で原稿を書く暮らしを20年来続けている。