今までの常識とはちょっと違う?!  糖質制限ダイエットの新ルール!

今までの常識とはちょっと違う?! 糖質制限ダイエットの新ルール!

今や定番となった糖質制限ダイエット。
お米やパン、甘いものなどの糖質を減らすというシンプルなものから、ちょっとしたテクニックをプラスして、確実に結果を出しましょう!

タンパク質と油は抜かないで

ここ数年ですっかり定着した糖質制限ダイエット。ご飯やパン、麺、芋類、お菓子などの糖質を減らすというのが基本の方法で、皆様もご存知かと思います。
人間の代謝には、主に糖と脂肪がエネルギー源として使われています。しかし、血液中に糖がたくさんあると、脂肪が効率的に燃焼されなくなります。血糖値が上昇している間は脂肪は燃焼されず、インスリンが大量に分泌されて余った糖質は体脂肪に変わっていくのです。
糖質制限ダイエットではご飯などの主食を減らしますが、肉や魚などのタンパク質はしっかり食べるように気をつけること。リバウンドの主な原因は、筋肉量が減って代謝が落ちることだと言われています。
また、良質な油を味方につけることも重要なポイントです。油を抜くと、エネルギーが不足しやすくなり、筋肉がエネルギーに回されてしまいます。また、油が不足すると様々な体の不調の原因にもなりますので、良質な油を少量摂るよう心掛けましょう。オススメは、オメガ3と呼ばれる亜麻仁油やえごま油です。

糖質制限ダイエットの心得8つ!

① カロリーよりも糖質量をチェックする。
日本人はついカロリーを気にしてしまいがちですが、カロリーよりも「何を食べるか」の方が重要です。例えば春雨スープは低カロリーながらも立派な糖質食品。高カロリーでも低糖質な食品を選んだ方がダイエット向きなのです。

② タンパク質をしっかり食べる。
筋肉量を落とさないためにも、肉や魚、豆腐などのタンパク質をしっかり食べること。食事の際にご飯を抜く代わりに、タンパク質を多めに摂ってもOKです。

③ 油を恐れない。
食事の満足感を高めてくれる良質な油は賢く摂取しましょう。サラダに亜麻仁油やえごま油を活用するなど、オメガ3のオイルを生で摂るのがオススメです。

④ 野菜や海藻類をたっぷり食べる。
食物繊維が豊富な野菜や海藻類はダイエットの強い味方。腸内環境を整え、キレイに痩せることが出来ます。

⑤ お酒を飲むなら焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を少量。
日本酒やビールなどの醸造酒には糖質が多く含まれるのでNG。女性が好みがちなシャンパンやワインも醸造酒なので要注意です。お酒を飲むなら焼酎やウイスキーなどの蒸留酒を選ぶのがオススメ。但し、飲み過ぎには注意しましょう。

⑥ 朝と夜は徹底的に糖質をオフ。
1日3食、ご飯などの主食を抜くのが厳しい場合は、昼のみ食べてもOKです。朝は血糖値が上がりやすく、夜は糖質が脂肪に変わりやすいので、朝と夜だけは徹底的に抜いた方がダイエット効果が高まります。

⑦ 欠食によりカロリーコントロールをするのはNG。
欠食して1日の摂取カロリーを減らしていたりしませんか?欠食すると筋肉量を落とす原因となります。食事は抜かず、タンパク質と食物繊維を上手に摂取しましょう。

⑧ ナチュラルフードを心掛ける。
市販の食品には、トランス脂肪酸や添加物を含む加工食品も多数存在します。そうしたものは出来るだけ避け、元の形がわかる、ナチュラルフードを選択するよう心掛けましょう。
関連キーワード

関連記事