知らなかった?! 美髪を作る正しいシャンプーの方法とは

知らなかった?! 美髪を作る正しいシャンプーの方法とは

今までのシャンプーの仕方が、あなたの髪の傷みを作っていたのかもしれません。
これからは正しい方法で美髪を作りましょう!
Sao

毎日のシャンプーでサラサラヘアを保とう

みなさんが毎日欠かさずにしているシャンプー。
習慣になっているせいか、あまり意識せずに洗っていますよね。

しかし、髪の毛と髪の毛が擦り合うと、お互いの髪を傷つけ合う結果になって、そこから髪の大事な水分が抜けていくことにより、ツヤがなくなってしまいます。
ですからシャンプーするときは、髪の毛が擦り合わないように、優しく丁寧に行う必要があるんです。
そうすることにより、今までよりも髪にダメージを与えないように洗うことが出来ると思います!

髪の毛を洗うときの注意点(ケアのポイント)を書いておきますので、是非試してみてください。

髪を洗う前の一手間が大切

髪を洗う前に、目の粗いクシや手でとかすようにしましょう。
これをおこなうことによって、埃や剥げかかっている古くなった角質を浮かせ、シャンプーのときに汚れを落としやすくしてくれますよ。

髪の長い人は、いきなり髪の毛の根元からするのではなく最初は毛先だけ、そして髪の中心部辺りから毛先へ、最後に根元から毛先へと何回かに分けてブラッシングしましょう。

シャンプー前にプレシャンプーを

プレシャンプーとは、シャンプーの前に髪の毛を濡らすこと。
こうすることで約70%の埃が落ちるといわれています。

シャワーで30秒くらいかけてしっかりと濡らしてあげるのがコツです。
シャンプーの泡立ちも変わってきますので、大切な作業です。

また、スタイリング剤がついている場合は、この時に少量のシャンプーをつけて流しておきましょう。
正しいシャンプーの方法

優しく丁寧に洗う

まず最初の注意点、髪の長い人で下を向いてシャンプーする人がいますが、これはキューティクルを壊しかねないので上を向いて洗うようにしてください。
下から上に洗わないと、髪の毛は毛穴から少し下向きに生えているため、上手に毛穴を洗えない可能性が高いんです。
そして次に、ゴシゴシとシャンプーをする人がいますが、これはダメです。
摩擦で髪を傷めてしまう可能性があるのでやめましょう。
では、こちらを頭に入れてシャンプーの正しい方法はこちら!

① シャンプーを手のひらに取り、ゆっくりと軽く泡立てて髪の毛に馴染ませます。
しっかりと泡立つまでもみ洗いする。
② 泡だったら、ゆっくりと頭皮を指の腹で洗っていきます。
この時、強くゴシゴシと洗ったり爪で洗ったりしないようにしましょう。
③ 頭皮を洗うときには、下から上に洗うように。
指の腹でマッサージするように小さな円を描きながら、おでこの方からつむじの方へ、耳の上の辺りからつむじの方へ、襟足からつむじの方へと、下から上に動かしながら洗うようにしましょう。

洗い流しが重要

ささっと流しておしまいにしてしまう人も多いようですが、実は流すのはとても大切です。
シャワーなら3分、洗面器で汲まなくてはいけない人は、20回以上かけてください。
その時に、頭皮をマッサージしながら、しっかりと洗い流してくださいね。

フケやかゆみの原因は、シャンプーが頭皮に残っているからともいわれているので、しっかりと洗い流しましょう!


これらのポイントをしっかり守って美髪を作っていきましょう!

関連記事