日差しの多い夏。紫外線対策にサングラスは必需品!

日差しの多い夏。紫外線対策にサングラスは必需品!

近年は日本でもサングラスを愛用している人が増えてきましたよね。
そんなサングラス、目の健康だけでなく、アンチエイジングにも効果的なアイテムだったんです。

かけなきゃ怖い!? 目から入る紫外線

もともと目には紫外線を防ぐ力が備わっているので、日常生活で紫外線を浴びる分には問題が無いと言われています。
しかし、夏のバーベキューやスポーツなどアウトドアでのレジャーなどで長い時間紫外線を浴びると、紫外線は目にも危険をもたらす可能性があるんです。
具体的には白内障や黄斑変性症という、視界がゆがんだり、目が見えなくなってしまう病気だったり、角膜炎という、視力が低下したり、目に痛みを感じる病気などです。
これらの予防の為にも、夏のアウトドアでのサングラスの着用は必須です。

サングラスをかけないと日焼けする!?

実は、目に紫外線が入ると肌も日焼けしてしまいます。
これは角膜が紫外線を吸収することにより、脳にメラニン色素を作る指令が出るため。
目に紫外線を浴びて、目だけが日焼けするのでは無く、身体全体が日焼けしてしまい、シミの原因にもなってしまうんです!
美意識の高い大人女子は、日焼け止めを塗るのと同様にサングラスをかけたいですね。


サングラスを選ぶ際のポイント

上記の通り、サングラスは紫外線の多い今の時期、とても重要な役割を果たしてくれます。
しかし、ただサングラスをかければ良いという訳でも無いんです。
ここでサングラスを選ぶポイントを挙げておきます。

①紫外線を透過させない機能のあるサングラスを選ぶ
サングラスを買う際に、紫外線カット率が表記されているものを選びます。
言うまでも無く、紫外線カット率は高いに越したことはありません。

②レンズの大きいサングラスを選ぶ
紫外線はサングラスをかけていても、サングラスと顔の隙間からも入ってきてしまいます。
できるだけ顔とフィットしたレンズの大きいサングラスを選ぶことをお勧めします。

いかがでしたか?
紫外線の多い夏に、サングラスをかけることの必要性が分かっていただけたと思います。
アンチエイジングや美白は目元から!
今年の夏からは、紫外線対策にサングラスも取り入れて、綺麗な目元やお肌を保っていきたいですね!

関連記事