老廃物を流せば、首は5歳若返る!シワのない首はこうして実現

老廃物を流せば、首は5歳若返る!シワのない首はこうして実現

薄着の季節は首のシワも目立ちやすく…。そんな首のシワの解消には「マッサージで老廃物を流すこと」が一番!そんな首のシワ解消方法をご紹介します。

首のシワの大敵は紫外線。日焼け止めで、細胞の酸化を予防しよう!

人が他者の年齢を判断する時、シワが目安になっている…という話を聞いたことはありませんか?
特に首にシワがあると、実年齢よりも上に見られてしまったり。メイクでは隠せないシワだからこそ、その原因と対策をしっかり把握しましょう!

まず、首のシワの原因には、以下の3つがあると言われています。

【首のシワができる原因】
1)紫外線
細胞が紫外線にあたると、水分が奪われ乾燥してしまうんです。また肌の奥にある、肌のハリを生んでいるコラーゲン繊維を攻撃し、固く弾力のない繊維に変えてしまいます。よって、首にもしっかり日焼け止めを塗っておきましょう。

2)枕の高さ
枕の高さが特に高いと、首が前方に傾き、首やアゴに不要な段差が出来てしまい、それがシワとなって残ってしまうんです。是非枕を一度チェックしてみてくださいね。

3)猫背
猫背で首が前に傾くことで首の筋肉が凝り、シワが出来てしまいます。特にパソコンやスマホなどをチェックすると、首が下を向きがちなので、90分に1度は画面からは慣れて首にシワを作らないようにしましょう!

首のシワの原因は老廃物。マッサージでしっかり流しましょう!

こんな生活習慣が首のシワを作っていたワケですが、実は首周りの「老廃物」をマッサージで流すだけで、かなりスッキリ、そしてシワも目立たなくなっていくんです。お風呂あがりに是非、やってみてください。

【首のシワ対策ケア】
1)リンパ節にたまった老廃物を流す。
首を全体的に化粧水やクリームで保湿をします。その後、耳たぶの付け根付近のくぼみを指の腹で円を描くようにほぐし、耳の後ろから首前面にむけて押し流すようにマッサージをします。

2)鎖骨近辺に溜まりやすいリンパを流す。
デコルテ全体にクリームを塗ったら、鎖骨の上のくぼみに指の腹をあてて、優しくもみほぐします。やりにくい人は手をクロスにしてもOK。

3)デコルテの凝りをほぐす。
鎖骨の下2センチほどの場所を左右に指の腹でもみほぐしていきます。ココがほぐれると胸が開いて姿勢も良くなるんです!

4)凝りやすい肩をもみほぐす。
肩こりの原因である肩の張った筋肉を、もみほぐします。クリームの残りをつけながら、さするようにもみあげてみてください。

5)姿勢美人を目指す。
肩の張った筋肉は、首から背中までつづいているので、手の届く範囲でよいので、全体的に揉みほぐしましょう。それにより、姿勢がよくなり、血流もスムーズになります。

リンパ節のつまりを丁寧にケアするだけで、老廃物が流れ、首のシワも目立たなくなるんです。年齢が出やすいからこそ、日頃から十分気をつけていきましょう!

関連記事