肌荒れの意外な原因! メイク道具をこまめに洗って美肌になろう

肌荒れの意外な原因! メイク道具をこまめに洗って美肌になろう

こまめな洗顔はもちろん、生活習慣にも気を付けているのに肌荒れが治らないという女性は意外に多いのではないでしょうか。そんな、どうしようもない頑固な肌荒れの原因は意外なところにあるのです。

メイク道具に潜む肌荒れの原因

メイク道具による肌荒れ
メイク道具による肌荒れ
実は、日々お肌に触れるメイク道具が肌荒れの原因になっていることがあるんです。以下の道具、最後に洗ったのはいつですか?

●各種メイクブラシ
●リップブラシ
●パフ
●スポンジ

顔には、目に見えない細菌がたくさん付いています。メイクの際に道具がお肌に触れることで細菌が道具に付着し、ついには細菌の住処になってしまうのです。その道具でまたメイクをしていく…と考えると、肌荒れしてしまうのも頷けますね。また、道具を長い間洗っていないとメイクの仕上がりも汚くなっていきます。肌荒れだけでなく、綺麗にメイクもできないなんて辛すぎますね!

メイク道具を洗う頻度はどのくらい?

毎日メイクをしていると、パフやブラシなどを洗うのはついつい先送りになりがち。でも、直接肌に触れる道具は少なくとも週に1度は洗うのが望ましいとされています。金曜の夜など、洗う日を決めて習慣にしてしまうといいですね。

本気で肌荒れを治して美肌を目指すのであれば、以下の基準を目安にしっかりお手入れするように頑張りましょう!
●スポンジ:毎日
●フェイスパウダー用パフ:2~3日に一度
●ファンデブラシ、チークブラシ:1~2週間に一度

スポンジを毎日洗うのが大変!という場合は、お徳用の安価なスポンジを買っておいて1日1つ使い捨てするのがおススメです。


人それぞれの道具の洗い方

チークブラシなど、こだわりの製品を使っているという人は専用のクリーナーを使うのをおススメします。汚れがよく落ちるのでお手入れ時間が短縮され、日々のストレスが少なくなりますよ。毛が傷まず、道具が長持ちするという点ではむしろお得かもしれません。

そこまでしなくていいや~、という人は、家にある石鹸や中性洗剤も使ってもOKです。ぬるま湯で濡らし、汚れを奥から押し出すように優しく洗いましょう。大き目のブラシは、初めにブラッシングをすると汚れが浮き出てくるので試してみましょう。最後に、リンスを付けて洗い流せばサラサラの仕上がりに。

関連記事