美ロングまつげに、あのプチプラアイテムが超使える!

美ロングまつげに、あのプチプラアイテムが超使える!

マスカラは使い続けるうちにブラシに繊維や液が固まってきて、ダマになりやすくなるのが難点。そこでオススメなのが、あのプチプラアイテムなんです!

使い捨てもOK! 優秀すぎる【歯間ブラシ】

毎シーズン様々なタイプのマスカラが発売されています。
まつげをセパレートしながら長さやボリュームを出す為に、各メーカー共に様々な趣向を凝らしたブラシを開発していますよね。
でも、使い続けているとどうしても、ブラシに付着した繊維やマスカラ液が固まってきてしまう為に、まつげ同士がくっついてしまいがちになったり、繊維がきれいに伸びずにダマになってしまいます。

さらに、マスカラを付けるとき、ブラシに液が付きすぎていると美しくセパレートしたまつげになりにくい為、ティッシュオフしてから付ける方も多いかと思います。
でも、毎回ティッシュオフするのはマスカラ液が無駄になってしまいますよね。

そこで、オススメなのが【歯間ブラシ】!
百円ショップでも購入出来るあの、歯間ブラシです。
歯間ブラシの短くて固いブラシは、まつげをセパレートさせながらさらに繊維をきれいに伸ばすのに最適なんです。

歯間ブラシをうまく使う方法

歯間ブラシは、ブラシの質もさることながら、ブラシが柔らかいワイヤーで出来ていることもマスカラを付けるのに最適なポイントの一つ。
そのままではなく、ブラシを根元から曲げて使う方が塗り易くなります。
私の経験上、45度程度に曲げるのがオススメ。
曲げて使う事で、長さの短い下まつげにもマスカラ液を端までキレイに付ける事が出来るんです。

マスカラは、ブラシから直接歯間ブラシに付けて使ってください。
今までティッシュオフしていたマスカラ液も、無駄なく使う事が出来て一石二鳥ですね。

キャップ付きの歯間ブラシなら、メイクポーチにも入るから、メイク直し用に忍ばせておくのもオススメです。
使い捨てしてももちろんOKですが、私はだいたい2〜3回使ったら変えています。
歯間ブラシで、美ロングまつげをつくりましょう。
まつげ
関連キーワード

関連記事