さらば靴擦れ!予防法〜なってしまった時のケアまでご紹介

さらば靴擦れ!予防法〜なってしまった時のケアまでご紹介

ヒールに限らず、新しい靴やサンダルを履き始めた時になりやすい靴ずれ。痛い上に傷跡が残ったりする厄介者。そんな靴擦れの対処法を教えます。

【予防編】靴擦れ防止パッドを最大限に活用して

新しい靴を買ったら、試し履きをしながらどこが当たりそうかを確認しましょう。最も多いかかとはもちろん、靴のサイドにふれる部分や、ミュールなどであれば指先の方にも注意してみましょう。

靴が足に馴染むまで、かかとなどに絆創膏を貼るのも勿論ありですが、見た目的に美しくないのが難点。
そこで、靴に貼り付けるタイプの透明パッドを活用しましょう。
シール状になった透明のパッドを靴のかかとなど気になる場所に貼るだけ。パッドがクッションになって足を守ってくれるんです。

また、足が滑りやすいストッキングなどを履く時は、靴の中に貼って足が前に滑るのを防止するパッドをオン。
たったこれだけで、かなり靴ずれを予防出来るはず。

【ケア編】靴擦れ専用絆創膏や日焼け止めで傷跡を最小限に

それでも靴擦れが出来てしまったら、仕方ありません。
最短で治し、かつ跡が残らないように対処しましょう!

靴擦れが出来てしまった時にオススメなのが、「バンドエイド キズパワーパッド 靴ずれ用」。傷口から出る浸出液の治癒効果を利用した絆創膏で、治りが早い上に跡などが残りにくいのが特徴です。

傷が治ったら、色素沈着や跡が残らないようケアしましょう。
傷口だった場所に完全に新しい皮膚が出来て塞がったら、週に一度程度、ボディスクラブなどで優しくマッサージをします。
間違ってもゴシゴシこすらないように。
そして保湿は万全に!
傷になった後の皮膚は固くなりがち。スクラブで角質を除去しつつ、保湿クリームなどで皮膚を柔らかく保てるよう心がけましょう。
また、保湿と同時に大事なのが、紫外線対策。傷跡の皮膚は紫外線の影響で色素沈着を起こしやすいので、しっかりと日焼け止めを塗ってUVケアをしましょう。

いつまでも、靴擦れのない綺麗な足でいたいですね。
靴擦れの予防やケアをしっかりして、美しいかかとを保ちましょう
靴擦れの予防やケアをしっかりして、美しいかかとを保ちましょう
関連キーワード

関連記事