正しく日傘を選び、美白肌を保ちましょう!

正しく日傘を選び、美白肌を保ちましょう!

紫外線対策として、日焼け止めにプラスしたいアイテムの日傘。
今回は日焼け防止にはどんな日傘を買うべきなのかをご紹介します!

白と黒、どちらが紫外線カットの効果が高い?

白い日傘は、光を反射させて紫外線をカットしています。
反対に、黒い日傘は、日傘自体が紫外線を吸収する為、お肌に紫外線が当たるのを防いでくれます。
つまり、単純に考えれば淡い色のものよりも濃い色のものの方が紫外線を防ぐ効果は高くなると言えるでしょう。

しかし、最近の日傘は生地にUVカット加工が施されているものが多く、UVカット率99%の日傘ならばお好みの色の日傘を選んでも大丈夫なようです。

重要なのは傘の内側の色!

実は重要なのは日傘の内側の色なんです。
紫外線は降り注ぐだけでなく、アスファルトに反射して下からも攻撃してきます。
日傘は上からの光は遮りますが、照り返しを遮ることはできません。
日傘の内側の色を気を付けないと、照り返しの影響が何倍にもなってしまう可能性があるんです。

では日傘の内側は何色がいいのでしょうか?

正解は「黒」です。
黒は紫外線を吸収し、反射してきた紫外線を日傘が吸収してくれる効果が期待できます。
逆にシルバーなどの光沢のある色は、照り返しを更に反射してしまうので避けるべき色と言えるでしょう。

つまり、日傘の内側の色は黒などの濃い色を選ぶのがポイント。
表面の色は気にしなくてもOKですが、内側の色はなるべく黒に近い物を選ぶようにしましょう。

日傘にも寿命がある

春から夏と使用するシーズンも限られ、壊れたり見た目の劣化もないからと何年も同じ日傘を使っていませんか?

実は日傘にも寿命があり、寿命の切れた日傘ではUVカット機能がなく、肌は紫外線ダメージを受け、シミの原因になってしまうことも…
きちんとしたUVカット効果を得るためには2~3年で買い替えるべきと言えるでしょう。


いかがでしたか?
どうせ差すならきちんと紫外線対策の効果が得られるものが良いですよね。

今年は正しい日傘選びをして、ばっちり白肌をキープしちゃいましょう!
関連キーワード

関連記事