やりすぎは逆効果! スクラブ洗顔の正しい使い方と頻度

やりすぎは逆効果! スクラブ洗顔の正しい使い方と頻度

毛穴の汚れや古い角質をオフできるスクラブ洗顔。
しかし、使い方を間違えるとお肌の負担になり老化を進めてしまうことも…今回は、スクラブ洗顔の正しい使用法や頻度についてご紹介します。

スクラブ洗顔とは

スクラブ洗顔とは、ザラザラした細かい粒子が含まれた洗顔料で顔を洗うこと。
この粒子によって、肌を研磨することで、表面にある角質や皮脂を取り除くことができます。
通常の洗顔よりも汚れや皮脂がしっかり落とせるので、触った時のお肌が柔らかくもちもちになったり、不要な角質がオフできるので、肌のトーンが明るくなったという人もいるようです。

さっぱりとした洗い心地から特に脂性肌や混合肌の人に人気が高く、夏になると爽快感を求めて使用する人も多いようです。

しかし、肌を研磨するという意味でも、普通の洗顔料より洗浄力が強く負担もかかるので、使用する際はいくつか注意が必要になってきます。

スクラブは週1~2回まで!

スクラブ洗顔は、正しい方法で使用をすれば、美肌効果が得られるスキンケア方法ですが、使い方を間違えてしまうと逆効果になってしまうことも。
皮脂を取り過ぎることで乾燥しやすくなったり、逆に過剰な皮脂分泌を招き、ニキビなどの肌トラブルの原因になりかねないのです。
肌本来のバリア機能を守るためにも、スクラブは「スペシャルケア」という位置づけにして、週に1〜2回程度の使用にしましょう。
これ以上使い続けるのは絶対に禁物です。

また、肌のターンオーバーが正常に整ってきて、外からの肌表面をこするアプローチが必要なくなってきたら、徐々にスクラブ洗顔の使用頻度を抑えていく必要があります。

あまり使い続けてしまうと、自分で肌を再生する力が弱くなってしまうと言われています。
自分のお肌の状態を見ながら使用するのがポイントです。

スクラブ洗顔時のコツと注意点

スクラブ洗顔は、肌に刺激が強い洗顔フォームです。
通常の洗顔料以上に気を使い、ネットなどを使ってしっかりと泡立て、優しく包みこむようにして洗うことが大切です。

また、粒子の細かいスクラブが毛穴に残ることで、お肌の炎症、ニキビ、色素沈着などの肌トラブルを起こす可能性があるので、洗い流すときもじっくり時間をかけて丁寧に行いましょう。

洗顔後のお肌はとても敏感になっているので、いつも以上にしっかりと保湿ケアを行うことが重要。
スクラブで汚れを落した後は、美容成分も吸収されやすくなっているので、いつも以上に丁寧にスキンケアしてあげましょう。

関連記事