ダイエットをしたいなら【高タンパクな朝食】がマストです!

ダイエットをしたいなら【高タンパクな朝食】がマストです!

朝食、きちんと食べていますか? 忙しいことを言い訳に朝食を食べない人も多いのでは?でも朝食は高タンパクなものを食べるのが痩せる秘訣なんです。

朝食が一日の全てを整えるスイッチ

朝食を摂らずにいると、昼になるころには空腹もピークに。その後ちゃんとランチを食べても、昼過ぎにはなんだか小腹が空いてしまったり……。そんな経験ありませんか?
米国ミズーリ大学の研究チームの実験で分かったのが、高タンパクな朝食を摂ることで、脳の食欲を司る部分の活動が抑えられ、一日の食欲を抑えることが出来る、という事実。

さらに、朝きちんとしたものを胃に入れることで内臓の活動が始まり、眠りを誘発するホルモン「メラトニン」の分泌がストップし、体が活動状態に入るのです。
このメラトニン、分泌がストップしてから14〜16時間後に再び分泌が始まるので、心地よい質の高い眠りをゲットすることも出来るんです。

朝食を摂る、ということがいかに重要かお分かりいただけたでしょうか。

高タンパクな朝食を手軽に取る方法

とは言っても、朝から豪華な朝食を用意するのは不可能。
そこで、手軽に食べられる高タンパク食品を朝取る方法を考えてみました。

卵、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品は手軽に食べられるのでオススメです。ゆで卵などを作っておけば、朝さっと食べられますね。
それから、作りおきの出来るシチューや野菜スープなどもオススメです。鶏肉などタンパク質を含む食材を入れて作りおきして置けば、朝チンするだけで食べられます。
和食派の方にオススメなのは、納豆ご飯。納豆をとく時に、卵を割り入れればさらにベスト(新鮮な卵を使いましょう)。シラスなどの小魚を使ったふりかけや、佃煮などを食べるのもオススメですよ。

朝15分早起きをして、痩せやすい一日に出来るよう頑張ってみませんか?
なっとう

関連記事