意外! 夏に発生するカラカラ乾燥肌

意外! 夏に発生するカラカラ乾燥肌

一見潤って見える夏の肌。実は肌表面の汗で潤いを感じているだけで、角質はカラカラに乾いてキメが乱れていることが多いのです。

キレイな肌はキメが整っている肌!

皮丘といわれる、肌に細かくみられる三角形。水分をしっかり含んでいると、ふっくら膨らんでいます。 しかし、カラカラになると、つぶれてビローンと横のびしてしまいます。
これがいわゆる、「キメが乱れている」状態です。
肌にしっかりと水分が含まれると、皮丘はふっくら弾力をもち、ハリが出ます。これがキメが整った状態です。光の跳ね返りがよく、透明感が生まれます。

肌のキメは保湿で整う

夏場はベタベタするからと、クリームや乳液のお手入れをカットする人も多いのでは?一見潤っているようでも、それは肌の上の汗。化粧水で肌に潤いを補給したら、しみ込んだところで必ず乳液やクリームで「フタ」をして、せっかくあげたお水が蒸発しないようにしてあげて。

紫外線が水分を蒸発させる!

紫外線をしっかりと防ぐことも大事です! 胸や二の腕など、紫外線を受けない肌は白く、柔らかく、キメが整っていませんか?紫外線は肌の水分を蒸発させる力を持っているので美肌のためには紫外線対策がマストです。
保湿&紫外線対策で、キメの整った透明感のある潤い美肌を目指しましょう!
関連キーワード

関連記事