夏のダイエットは”ぽかぽか”が鍵!身体を温めて代謝を上げよう

夏のダイエットは”ぽかぽか”が鍵!身体を温めて代謝を上げよう

夏になると、冷たいドリンクが美味しく感じてしまいますね。でも、身体の冷やし過ぎはダイエットには禁物!夏こそ、身体を温めて代謝を上げるべき季節なのです。

夏のダイエットは冬より難しい?

「夏は暑くて汗をかくから、冬より痩せやすい」なんて思っていませんか?実は、夏はダイエットの成功率が冬より下がってしまうんです。その原因は、冷えにあるとされています。気温が高い夏に冷えが問題になるのは、以下のような理由があります。

1.クーラーの効きすぎ
飲食店などの室内に入ると、寒いくらいにクーラーが効いていることがよくありますね。ブランケットやカーディガンなどで対策しても、冷えはじわじわと体内に蓄積していきます。

2.冷たい食べ物・ドリンクのとりすぎ
外があまりに暑いと、ついつい冷たいドリンクやそうめんなどの冷たい食べ物を多くとってしまいがちです。それも、身体の内側から冷えを加速させてしまいます。

身体が冷えることで、代謝が下がって消費カロリーが少なくなります。おまけに「暑くて動きたくない…」と部屋でゴロゴロしていては、夏太りまっしぐら!そんな夏場は、身体を”ぽかぽか”に温めることで代謝アップを狙いましょう。

代謝アップのためにはどうすればいい?

紅茶
身体を温めて代謝を上げるためには、外側と内側から身体を温めることを意識します。

●クーラー対策を万全に
オフィスなど、自分でクーラーを調節できない場所では防寒対策をしっかり行いましょう。ひざ掛けやカーディガンはマストです。また、薄手の腹巻は薄着の季節でも目立たず使いやすいアイテムです。足元は、ストッキングの上からシルクのインソールを重ねるだけで大分違います。

●温かい飲み物を飲む
1日を通して、以下のような温かい飲み物を飲むように心がけます。
・起床後の白湯
・味噌汁
・お茶
生姜には身体を温める効果があるので、積極的に取り入れましょう。ジンジャーティーを飲んだり、ドライジンジャーをただ飲み物に入れるだけでも効果があります。

●外食は温まる料理を選ぶ
友達と外食に行くときは、身体が温まる料理屋さんを提案してみましょう。唐辛子を使った韓国料理、スパイスを使ったインド・タイ・ベトナム料理等のレストランがおすすめです。

●お風呂タイムは湯船につかる
暑いからといってシャワーでサッと済ませてしまっては、身体は温まりません。一日の最後に湯船につかることで、身体を芯から温めてあげましょう。

こうした少しの心がけでも、毎日続けることでダイエット効果はかなり期待できます。汗をたっぷりかいて、痩せボディを目指しましょう!

関連キーワード

関連記事