顔ヨガで、目元のたるみを解消してデカ目に!

目の下のたるみを解消!今すぐできる顔ヨガトレーニングを解説

目の下のたるみを解消してクマや目元の印象を改善しましょう。 目元のたるみは顔ヨガでスッキリ!顔のシワやたるみを簡単に撃退できる、今人気の顔ヨガを特集!顔のシワやたるみを簡単に撃退できる今人気の顔ヨガの方法をレクチャーします。
目元のたるみやデカ目に効くカンタン顔ヨガ
顔のシワやたるみを簡単に撃退できる、今人気の顔ヨガを特集! 今週は、女性なら誰でも気になる、目元の老化にアプローチ。エクササイズに入る前に、まず目元の筋力をチェックしてみましょう。

目の下のたるみを撃退して小顔に!

ムンクのまばたき

ムンクのまばたきステップ1
口を「お」の形にして、鼻の下をほうれい線が消えるようにビヨーンと伸ばす。
ムンクのまばたきステップ2
そのまま目線を上げ、鼻の下と目で顔を上下に引っ張るイメージ。目の下がしっかり伸びるのを感じて。
ムンクのまばたきステップ3
2の状態のまま、下まぶただけをゆっくりしたペースで5回持ち上げる。
コツ:1回10秒ほどかけてゆっくり行う。2では、上を向いた時に額にシワが入らないように注意。また、3では目の下が動いていることを確認。
ムンクのまばたき 意識する表情筋
意識する表情筋:下眼瞼筋を含む、目の下の筋肉

おでこのシワを解消して、スッキリしたデカ目に!

おでこロックde目ワイパー

おでこロックde目ワイパーステップ1
額や眉毛に力が入らないように、おでこを手で抑えて、目をぱっちり大きく開く。
おでこロックde目ワイパーステップ2
黒目だけで右上を見て、そのまま5秒かけてゆっくりと黒目を上から左に動かす。
おでこロックde目ワイパーステップ3
今度は上を通って右へ、同じく5秒かけてゆっくり動かす。これを2〜3往復繰り返す。
コツ:正面を向いたまま、目の筋肉以外を動かさないようにすること。
おでこロックde目ワイパー 意識する表情筋
意識する表情筋:眼輪筋と外眼筋

顔ヨガの効果をアップさせるコツ

■なりたい顔をイメージする

顔ヨガは慣れると、筋肉をどう動かせばいいかが明確にわかってきます。そのため、「目はこれくらいの大きさで、頬はこう上がって、フェイスラインはこういう形で・・・」と、目標を細かく設定すると、その形に近づけていくことができます。自分の今の顔がどうであれ、気にする必要はありません。自分の理想の顔を自由に追求しましょう。

■使う筋肉を意識する

顔ヨガのエクササイズはそれぞれ、鍛える筋肉がはっきり決まっています。そのため、顔は何となく動かすのではなく、その筋肉をしっかり意識しましょう。それだけで、筋トレの効率が上がって早く効果が出るだけでなく、他のパーツへの余計な力が抜けて、シワの解消にもつながります。

■左右対称を意識する

人は左右どちらか、使いやすい方の筋肉を多く使う傾向があります。それによって歪みが生じた顔は、相手にマイナスのイメージを与えてしまうこともあります。顔ヨガでは必ず鏡を見て、平等に筋肉を動かし、左右対称な美しい顔をつくっていきましょう。

編集部おすすめBOOK

■Profile
取材協力:間々田佳子先生
顔ヨガ兼タンゴ講師。2010年アルゼンチンタンゴダンス世界選手権アジア大会優勝。2010年より顔ヨガ講師としてテレビなどのメディアで活躍中。
http://w-tango.com/

取材・文:東城ノエル/イラスト:菜々子

関連記事