顔ヨガで、口元のたるみ解消と口角アップ!

【老け顔に見えちゃう!】口元のたるみを顔ヨガエクササイズで改善

老けた印象に見られる口元のたるみ。気になる「たるみ」を顔ヨガエクササイズで改善しませんか?今日からできるエクササイズで、たるみやしわを解消!引き締まりのある美しい顔を目指してたるみの予防方法、解消方法をマスターしましょう。
下がった口角やたるんだ口元に効くカンタン顔ヨガ
顔のシワやたるみを簡単に撃退できる、今人気の顔ヨガを特集! 今週は、美しい笑顔のカギ、口元を鍛えましょう。エクササイズに入る前に、まず自分の口元の筋力をチェックしてみましょう。

口まわりの肉をとる!

ひょっとこ口

ひょっとこ口 ステップ1
唇をすぼめて前に突き出し、唇の間に隙間ができないようにキュッと閉じて力を入れる。
ひょっとこ口 ステップ2
そのまま、5秒かけてできるだけ右に移動させる。
ひょっとこ口 ステップ3
次は同じように5秒かけて左に移動させる。
コツ:とにかく口を寄せて前に出すこと。2と3では、左右の頬でストレッチと緊張を繰り返すのを感じること。動かすときに、口の形が崩れないように。
ひょっとこ口 意識する表情筋
意識する表情筋:口輪筋

口角の上がった唇を形状記憶!

おいしい顔

おいしい顔 ステップ1
口角を上げ、上の歯だけ8本見せてにっこり笑う。
おいしい顔 ステップ2
目線だけ斜め上を見るようにする。小鼻をなめるように舌先を尖らせ、口の右上に持ち上げて、そのまま上唇に沿って左上にゆっくり移動させる。左右3往復。
コツ:合計で10秒ほどかけてゆっくり動かす。2では口角を上げて歯を8本見せたまま。目線を上にすることで、口角が下がりにくくなるだけではなく、口角挙筋を意識しやすくなる。舌先は前に出し、唇はなめないようにする。
おいしい顔 意識する表情筋
意識する表情筋:口角挙筋

■顔ヨガQ&A

Q 顔ヨガをすると、逆にシワにならないか心配です

顔ヨガの目的は、伸縮性のある筋肉をつくること。縮ませっぱなしだと確かにシワになりますが、かといって動かさなければ垂れてしまします。そこで顔ヨガでは、筋肉を縮めた後に必ず伸ばします。さらに、その後に必ずリラックスして、血行が良くなったことを感じることが大切です。そうすることで、筋肉が弾力を取り戻し、シワができにくくなるどころか、すでにできてしまったシワも元に戻るようになるのです。

Q うまくできないのですが・・・

筋肉が衰えていると、はじめはなかなか思うように動かせません。そのときは鏡を見ながら、動かしたい筋肉を動かしたい位置まで指でサポートしならが行いましょう。繰り返すうちに、筋肉を動かす感覚がわかってきて、やがて指のサポートなしでも思い通りに動かせるようになります。

編集部おすすめBOOK

■Profile
取材協力:間々田佳子先生
顔ヨガ兼タンゴ講師。2010年アルゼンチンタンゴダンス世界選手権アジア大会優勝。2010年より顔ヨガ講師としてテレビなどのメディアで活躍中。
http://w-tango.com/

取材・文:東城ノエル/イラスト:菜々子

関連記事