【劇的小顔】顔全体をまとめて引き締める!自宅でできる人気メソッド

【劇的小顔】顔全体をまとめて引き締める!自宅でできる人気メソッド

加齢とともに下がる顔の肉。放っておくと、目の下や頰のたるみ、二重アゴ、あるいは額のシワやほうれい線に変わります。そこで、今こそたるみ改善! 顔全体をキュッと引き締める「顔ヨガ」に挑戦しましょう! 「左右対称の小顔をつくる方法」も一緒に実践してみて。
たった20秒で変わるカンタン小顔ヨガ
顔のシワやたるみを簡単に撃退できる、今人気の顔ヨガを特集! 今週は、1つの動きで顔全体を引き締められるお得なエクササイズをご紹介。事前に自分の顔筋をチェックして、弱点や特に引き締めたいパーツを把握しておきましょう。そこを意識してエクササイズすることで、より効果が高まります。

顔全体をまとめて引き締める顔ヨガ

あいうえお

あいうえお ステップ1
口を思い切り大きく開いて「あ~」。4秒かけて声を出しながら。

あいうえお ステップ2
口角を左右対称になるよう上に引っ張りながら、大げさに「い~」。4秒かけて声を出しながら。
あいうえお ステップ3
口を丸くすぼめて唇を突き出して「う~」。4秒かけて声を出しながら。
あいうえお ステップ4
口角アップを意識しながら伸ばすように「え~」。4秒かけて声を出しながら。

あいうえお ステップ5
口を丸く開けて「お~」。あごを下げ、鼻の下が伸びているのを感じて。4秒かけて声を出しながら。
コツ:1音1音区切らず、流れるように。時間がないときは、この顔ヨガだけを5セットすればOK。
あいうえお 意識する表情筋
意識する表情筋:全体

あわせて生活習慣も正そう!左右対称の小顔をつくるには?

①体の両側を平等に使う

人間は、慣れている方の体をより使いがち。しかし、それが左右の筋肉に差をつくり、顔や体の歪みにつながります。以下のような場面では、片側ばかりに偏って使うのではなく、必ず両方を平等に使うようにしましょう。
◎食事を噛むときに使うあご
◎電話のときに受話器を当てる耳
◎バッグを持つ手や、かける肩
◎後ろから呼ばれたときに、振り向く方向

②鏡を見る回数を増やす

まず顔ヨガは、筋肉を左右平等に動かせているか確認するために、必ず鏡をまっすぐ見ながら行うようにしましょう。その他にも、普段からこまめに鏡を見て、体や顔の歪みを自覚したら、その都度、調整することが大切です。仕事でいつも自分が座っているデスクや、自宅のソファの近くなど、すぐに目につく場所に鏡を置いておくのもおすすめです。

③疲れをこまめに取る

体が疲れていると、姿勢が悪くなってしまいがち。すると、元からあった歪みグセが出てきてしまったり、猫背になったりして、それが顔の左右バランスをも崩すことに。こまめに疲労を取り、元気な体で美しい姿勢をキープしましょう。
■Profile
取材協力:間々田佳子先生
顔ヨガ兼タンゴ講師。2010年アルゼンチンタンゴダンス世界選手権アジア大会優勝。2010年より顔ヨガ講師としてテレビなどのメディアで活躍中。
http://w-tango.com/

取材・文:東城ノエル/イラスト:菜々子

関連記事