これで安心! 梅雨時のヘア対策

これで安心! 梅雨時のヘア対策

梅雨時の湿気で気になる髪の広がりやクセ。
朝せっかく頑張ってセットしても、外に出た途端に台無しに…なんてことはありませんか?
そこで、梅雨時の髪のトラブルを解消するヒントをご紹介します。

梅雨時に髪型が決まらないのはなぜ?

雨の日に髪が広がってしまうのは、湿気で毛髪内部の水分量が増えるのが原因。
クセ毛はもともと水分を吸収しやすい上に、髪の表面に凹凸があるので、梅雨時期になると湿気により髪が必要以上に水分を吸収してしまうのです。
これにより髪が膨らんで広がってしまったり、くせ毛が酷くなってしてしまいがち。

そこで、重要になってくるのが髪の水分バランスです。
水分バランスをうまくコントロールするのが、梅雨に負けないヘアになるためのポイントと言えるでしょう。

湿気にはコーティング

できるだけダメージをケアしてあげるために、髪にやさしいシャンプーや、表面をコーティングするようなトリートメント剤を使用しましょう。
また、髪を乾かす前には洗い流さないトリートメントや、膜を作ってくれる椿油などを、ダメージのひどい毛先中心に塗って、キューティクルをコーティングしてあげましょう。

椿油には、ドライヤーの熱や紫外線をカットする成分が含まれているので、髪のトラブルを解消しつつ、パサつきがちな髪にも潤いを与えてくれるので特に広がりやすい髪質の人におすすめです。

ブローにも一工夫を

夜のシャンプー後であれば、半乾き状態までドライヤーで乾かします。
朝起きて寝ぐせがひどい場合は、寝ぐせ直しウォーターでたっぷりと濡らし、寝ぐせをとりましょう。
その後、同様に半乾き状態まで乾かします。
高めの温度で短時間で、根元までしっかりと乾かすのがポイントです。

7~8割程度乾いてきたら、カールブラシを使い、癖を伸ばすように少し引っ張りながらブローしていきます。
乾ききったら最後に冷風を当てると、よりキープ力がアップします。


スタイリング剤選びも注意

梅雨時に使うスタイリング剤は、湿気対策用のスタイリング剤を使用しましょう。
ムースやワックスは水分を含んでいますので、スタイリングした髪に使用するとくせ毛に戻りやすくなってしまいます。
これではせっかく綺麗にブローしてセットした髪の毛も台無しに‥

湿気対策用のスプレーやセット剤を使用することにより、落ち着きのある髪で過ごすことが出来ます。



梅雨のくせ毛対策は、ヘアケアと乾かし方でかなり軽減できます。
癖が気になる方は是非実践してみてくださいね。
関連キーワード

関連記事