便秘解消に効果絶大! 「夜キウイ」のススメ

便秘解消に効果絶大! 「夜キウイ」のススメ

ビタミンCが豊富なことで知られるキウイ。実は夜食べると健康や美容によいことがたくさんありました! 今日から始めたい新習慣「夜キウイ」について解説していきます。

便秘解消に!

キウイ1個で、1日のビタミンCの推奨量の約70%が含まれています。ビタミンCと言えば美白や美肌効果で知られていますが、便秘解消にも効果があります。腸内で善玉菌のエサとなり、分解される際に発生するガスが、腸のぜん動運動をサポート。
便秘になっている時は、食物繊維の中でも便を柔らかくして、排便を助ける効果の高い水溶性食物繊維を摂るのがよいのですが、キウイは水溶性食物繊維の含有率が抜群です。したがって、整腸作用には最適のフルーツといえるでしょう。
また、キウイに豊富に含まれているカリウムは、体内の余分な水分を排出してくれるので、むくみを解消する効果もあります。

なぜ夜食べるのがよいのか?

キウイを食べると、自律神経のバランスが整う傾向にあると言われています。腸の働きは、副交感神経が司っていて、本来夜は、体がリラックスした副交感神経が優位の状態になるので、腸の働きが活発になります。
夜にキウイを食べると、リラックスした状態を作る手助けとなり、腸内環境をサポートしてくれるのです。キウイのパワーを最大限にするのなら、夜に食べるのが絶対的にオススメです。
また、キウイにはたんぱく質を分解する酵素が含まれていますが、この酵素は熱に弱いので、ジャムなど加熱処理されたものではなく、生で食べるようにしましょう。
夜にキウイを食べるのがオススメ!

食べるならグリーンキウイ

キウイの種類によって食物繊維の量に違いがあります。
食物繊維の量でみると、グリーンキウイの方が多いようです。甘くて食べやすいのはゴールドキウイですが、腸内環境の事を考えると、グリーンキウイの方がオススメです。

キウイの摂取量

腸内環境を整えたり、便秘解消効果を得るのであれば、1日2個ぐらいが目安です。酵素を壊さないためにも、生のまま摂取するようにしましょう。
また、いくら整腸作用があるからといって、寝る直前に食べてしまうと、消化しきれなかったエネルギーが体脂肪となり体についてしまうので、寝る2時間前くらいまでに食べるようにしてください。
夕食と一緒に摂取すれば、たんぱく質を分解する作用があるので、消化促進にもなります。日々の夕食にキウイを食べる習慣をプラスしてみてはいかがでしょうか。

関連記事