みんなどうしてる? おへそのゴマの正体と処理方法

みんなどうしてる? おへそのゴマの正体と処理方法

実は気になるけれど、処理方法がよくわからないおへそのゴマ。気づくと溜まっていて気になるものですよね。
そんなおへそのゴマの正体と処理方法について解説していきます。

おへそのゴマの正体

気がつくと溜まっていて、黒いので気になるおへそのゴマ。その正体は、おへその凹みに詰まった垢や皮脂、ほこりなどのかたまりです。毎日お風呂やシャワーで体は洗っているものの、おへその中まで重点的に洗えていない人がほとんどなため、毎日の生活でどんどん溜まっていきます。
溜まる量には個人差がありますが、新陳代謝がよい人や汗をかきやすい人は、溜まりやすいようです。溜めたまま放置すると、悪臭の原因になったり、細菌が繁殖して炎症を起こす可能性もあり、特に夏場は注意が必要です。

おへそのゴマはとってよいのか?

おへそは、東洋医学において「エネルギーの行き交う場所」ともされていて、非常に神聖な場所です。また、清潔な状態を保つためにも、こまめに取り除く必要があります。
しかし、おへその中の薄い皮の下は、腸などの内臓を包む腹膜と繋がっていて、とてもデリケートな部位。腹膜にはたくさんの神経が集まっているので、過度な刺激は絶対にNGです。ゴマを無理やり取り除こうとすると、おへそが傷ついて感染症を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

おへそのゴマの処理方法

腹膜に刺激を与えないように、やさしくお手入れをするには、オリーブオイルやベビーローションの使用がオススメです。入浴後にオイルに浸した綿棒でおへそをやさしくこすり、汚れを取り除きましょう。
取りづらかったり、大きすぎたり心配な場合は、無理に自己処理をするのではなく、病院など専門家にお任せした方がよいでしょう。
また、おへそのゴマを溜めないためにも、日々濡れタオルなどでおへその周りをキレイにすることを心がけてください。

関連記事