働く女性の味方!脂肪を溜めない夜ごはんの3つの食べ方テク!

働く女性の味方!脂肪を溜めない夜ごはんの3つの食べ方テク!

一生懸命仕事をこなし、遅い時間に帰宅。お腹はペコペコだし、食べてすぐに眠りたい…。そんな働く女性でも太らない夕飯テクを身につけ、痩せやすい体を手に入れましょう!

22時以降に食べるなら、脂質と糖質を極力オフ

仕事を終え、深夜に食事をする機会が多い方もいらっしゃるでしょう。早く夕飯が食べられればそれに越したことはないものの、難しいのが現実。しかし、それを連日繰り返していると、脂肪は驚く程のスピードで溜まっていきます。そればかりか、内臓は夜通し働きづくめで疲れも取れません。朝起きてもカラダは食事を受け付けず、代謝は下がったまま。おまけにランチで摂った栄養素は体脂肪としてさらに蓄積されます。そんな悪循環に陥らないためにも、太らない深夜メニューのコツを掴んでおくことが大切です。
まず、深夜にカットしたいのは「脂質と糖質」。調理油や油の多い調味料を使った料理は極力避けましょう。21時以降は脂肪の蓄積命令を出すBMAL1という体内タンパク質が急増するため、最も脂肪が蓄えられやすい時間帯。深夜のこってりラーメンや揚げ物は絶対NGです。また、活動量の少ない夜はご飯などの糖質も完全オフにしてしまっていいでしょう。
では、深夜には何を摂るべきなのでしょうか。答えは、カラダの組織修復に欠かせない、タンパク質やビタミン、ミネラルを摂ることです。低脂肪のタンパク質源である豆乳や大豆、豆腐などに、野菜を加えたスープなんかは深夜メニューに最適。野菜の食物繊維を適度に摂れば、翌日の便通や体内浄化にも有効です。また、温かくて消化にいいものなら、内臓の冷えを防ぎ、消化の負担も抑えられるでしょう。

会社帰りにスーパーのお惣菜やコンビニに頼る方のススメ

仕事帰りに自宅で食事をつくるのも面倒だし、スーパーのお惣菜やコンビニで済ませてしまう、という方も案外多いのではないでしょうか。お惣菜には揚げ物や炒め物、サラダや煮物、和え物まで多種多様ですが、ここで何をチョイスするかが非常に大切です。まず、揚げ物系は調理から時間が経っているものも多く、油が酸化し、老化の原因になりかねないのでNG。また、煮物も砂糖が入っているので避けた方がいいでしょう。数あるお惣菜の中からチョイスした方がいいのは、野菜が主役のものです。具体的にはナムル、ひじき煮、切干し大根などの和え物や酢の物。野菜のお惣菜をゲットしたら、次はタンパク質をプラスしましょう。脂質が少ない豆腐や納豆、卵などは手軽に食べられるのでオススメです。お惣菜も賢くチョイスすれば、太らないメニューで乗り切れます。

ガッツリ食べたい肉好きの方のススメ

肉好きで、ガッツリ系食べたい方でも太らない夕飯のポイントは、肉の選び方と調理法にあります。肉を選ぶなら、脂質が少なく、脂肪の燃焼に働くナイアシンを含む鶏のササミやムネ肉、代謝に欠かせないビタミンB群や葉酸、パントテン酸が豊富なレバーがオススメ。魚介系なら脂肪燃焼に有効なタウリンを豊富に含むイカやタコ、ホタテがオススメです。いずれも調理油を控えれば100〜150gは食べてもOK。調理法は、蒸す、煮る、焼くなどにし、油を使う場合は小さじ1程度に控えましょう。また、ニンニクや生姜など代謝を上げる食材を取り入れて、脂肪燃焼効果をアップさせましょう。付け合わせには、噛み応えのあるザク切りキャベツを添えて満足度をアップさせるとともに、食物繊維をしっかりと補給し、血糖値の上昇を抑えられれば完璧です。
関連キーワード

関連記事