オイリー肌こそ、オイル美容が効果的。夏もオイルで美肌になろう

オイリー肌こそ、オイル美容が効果的。夏もオイルで美肌になろう

オイリー肌だとこれからの季節はついついさっぱり系の化粧水などを選んでしまいがち。でもそれ、間違いなんです! オイリー肌の人こそ、オイルケアをしましょう。

そもそもオイリー肌は体質ではありません

美BEAUTE読者の方の中にも、「私オイリー肌です」という方は多いかと思います。乾燥部分と油っぽい部分がある混合肌という方も多いのでは?
でも、思春期を過ぎた大人の肌というのは、肌が肌本来の健康な状態にある時には「オイリー」や「乾燥肌」という区分けがほとんどできないほど、体質による肌コンディションというものはもともと存在しないのです。
「え?でも私はずっとオイリー肌だからこれは体質でしょ!」
という声もわかります。私もそうでした。
でも、体質的にオイリーなのではなく、ずっとオイリーな肌の方は、肌が弱っていて、皮脂を過剰に出さなくてはならない状態が続いているのです。

すぐに顔がテカってしまうのは、砂漠肌だから

過剰に皮脂がでる理由は単純です。肌の水分量が少ないから。肌は水分不足を補うために、必死に皮脂を出して自己防衛をしているのです。
つまりオイリー肌のケアは皮脂を抑えることや皮脂を吸収することではなく、まずはそもそもの肌の保水力を高めることを考えなければならないのです。

オイルを使った方が、夏の肌はベタつきません

オイル=ベタベタするというイメージを持っている人も多いでしょう。そしてオイルは肌の上で酸化するので、オイルの酸化による肌ダメージを考えるとオイルなんて使いたくない、という人もいると思います。
特にオイリー肌の人は、「夏は皮脂だけでなくて、汗も出るから、オイルなんて使ったら余計にベタベタしそう!」と思っていませんか?

確かに、オイルは肌の上で酸化するので、肌にダメージを与えるのですが、そのダメージは乾燥によるダメージにくらべれば、気にするほどのものではありません。もともと新陳代謝によって剥がれ落ちる細胞がちょっとダメージを受ける程度。
でも乾燥によるダメージは乾いた地面がひび割れるように、表面だけではなく、これから育つべき細胞も傷つけてしまうのです。

さらに、オイルを使うと、汗が肌の表面に出てきた時に、油膜が汗を弾くので、むしろ汗によるあのベタベタは軽減されるんです。

ココナッツオイルが夏の肌ケアに良いわけ

オイルだけでなく、油分を含んだものであれば、クリームでもなんでも構わないのですが、私のオススメはやっぱりココナッツオイル。
なぜなら、ココナッツオイルには、紫外線をブロックする効果があるから。夏の強い日差しを考えると、やっぱりココナッツオイルをオススメしたくなってしまいます。

でも、匂いが苦手な方もいるかと思いますので、基本的には、油分で肌を覆うことができれば、どんなオイルを使っても構いません。
……もちろん、いきなりオイルをつけるのではなく、化粧水で保水をしてからオイルで蓋をしてくださいね!
健康な肌細胞が育ってくると、皮脂の量は確実に減ります。
少し時間はかかりますが、健康な肌を育てるために、今日からすぐにオイルケアを始めましょう!
オイルケアで美肌に

関連記事