疲れて見える女性の共通点「クマ」をなくす3つの方法

疲れて見える女性の共通点「クマ」をなくす3つの方法

疲れて見えたり、老けて見えたり、女性にとっての大敵「クマ」。そのクマ、メイクで隠すのではなく根本から解決しましょう!

知ってた?「クマ」は原因別で3種類あるんです。

目の下のクマ。できてしまうと表情が暗く見えたり、人からも「疲れてるの?」と言われてますます元気がなくなってしまいますよね。
実は一言で「クマ」といってもいくつか種類があるのをご存じでしたか?

①青クマ…血行不良などによって青ざめて見えるクマ
②茶クマ…色素沈着などによって赤茶色っぽく見えるクマ
③黒クマ…肌のたるみなどによってどす黒く見えるクマ

それでは次に、それぞれのクマの原因と改善法を見ていきましょう!
疲れて見える女性の共通点「クマ」をなくす3つの方法

①青クマの原因と改善法

青クマは寝不足や、パソコン・テレビなどの画面の見すぎから来る目の疲れが原因。さらに喫煙などでも血行が悪くなり青クマができてしまうそうです。
改善法は、血行を良くすること。半身浴や温かい飲み物を飲んで体を温めたり、目の周りを優しくマッサージして血の巡りを良くしましょう。血行促進の即効性のある「炭酸パック」などもオススメです。

②茶クマの原因と改善法

茶クマの原因は、メラニン色素の沈着。クレンジング不足でアイメイクが肌に残ってしまっていたり、紫外線対策を怠ってしまうと目の周りにメラニン色素が溜まってしまいます。
改善法としては、美白化粧品やアイクリームなどでしっかり保湿して地道に肌のターンオーバーを促すこと。しかしできてしまった茶クマは改善するのに時間がかかってしまうので、何といってもできないように予防することが大事。アイメイク用のメイク落としを使ってしっかりクレンジングし、日焼け止めを塗って紫外線対策をしましょう。

③黒クマの原因と改善法

黒クマは、加齢などにより目の周りがたるんだり、むくみが出て影がクマのように見えてしまう状態のこと。
改善法は目元のたるみをなくすケアをすること。「セラミド」や「コラーゲン」配合のクリームを使って、目の周りの皮膚を引き上げるようにマッサージしながら毎日ケアして肌のハリを取り戻しましょう。

ご自分が悩んでいるクマのタイプがわかったでしょうか?
規則正しい生活を心がけて、きちんとスキンケアをすればクマはできにくくなることがわかりましたよね。クマはまずできないようにすることが大切。正しいケアでクマのお悩みとさよならしちゃいましょう!

関連記事