ダイエットにピッタリ! 夏こそカレーがおすすめ

ダイエットにピッタリ! 夏こそカレーがおすすめ

暑い夏になると食べたくなる、スパイシーなカレー。
カレーにはダイエットに効果的な理由がちゃんとあるんです!

カレーがダイエットに効果的なのは

カロリーが高く、太りやすい食べ物というイメージのあるカレー。
実はカレーには下記のように、ダイエットに効果的な理由がいくつかあります。

①脂肪燃焼効果がUP
カレーに使われるターメリックやにんにく、生姜、唐辛子などのスパイスには、交感神経を刺激し、脂肪をエネルギーとして燃焼させる「褐色脂肪細胞」を活性化させる効果があります。
また、朝食にカレーを食べて交感神経を目覚めさせておけば、昼間の活動時間帯により多くの脂肪燃焼効果が期待できます。

②冷えに効果的
夏は外の温度と体温の差が小さくなるため、熱生産が少なくなり基礎代謝が下がりがち。
それに加え、冷房による冷えで代謝が悪くなり、更に痩せにくくなってしまうという悪循環が生じてしまいます。
そこで効果的なのがカレーに含まれるスパイス。
カレーのスパイスのなかでも特にコショウや唐辛子、しょうが、にんにくなどは血流を良くして、新陳代謝を高める作用が期待できます。
これは代謝アップが期待できると同時に、冷えにも効果的です。

③野菜を効率よく摂れる
煮込むことにより野菜のカサが減り、不足しがちな野菜もたくさん摂取することができます。
旬の夏野菜は栄養素もたっぷり、ローカロリーでダイエット向きですが、摂りすぎると体を冷やしてしまうという欠点も。
そこで、じっくり火を通して調理しましょう。
体を温める効果のある、にんにく・生姜・玉ねぎ・スパイスなどと一緒に調理したりするカレーは理想的な調理法と言われています。

カレーを食べるときの注意点

①食べるタイミングは夜より朝か昼!
カレーを食べることにより代謝が上がって脂肪燃焼効率がアップし、体はエネルギーを使いやすい状態に。
つまり、朝や昼にカレーを食べることにより、スパイスの成分で体の交感神経を刺激して代謝を上げ、1日の消費エネルギーを上げる効果が期待できます。
朝からカレーは重い…という方は、スープやお味噌汁にカレー粉をプラスするだけでも同様の効果がみられるそうなので是非実践してみてくださいね。

②ご飯の量には注意
いくらダイエットに効果的とはいえ食べ過ぎてしまってはカロリーオーバーに。
目安としては、ルー、ご飯ともに200g程度に抑えておきましょう。

関連記事