ダイエットには要注意! そうめんは実は太る可能性がある?!

ダイエットには要注意! そうめんは実は太る可能性がある?!

「夏は食欲が出ず、そうめんみたいなさっぱりしたものしか食べていないのになぜか太った」
という経験はありませんか?
実はそうめんって意外とカロリーが高いんです!

そうめん=ヘルシーは勘違い!実は太る原因だった?

なんとなくヘルシーなイメージがあるそうめん。
夏バテで食欲があまり出ない時でもツルっと食べられるし、暑い夏にはぴったりですよね。
でも実は、ちゃんと食べ方を知っておかないと太ってしまう食べ物なんです。

①カロリーが高い!
実はそうめんというのは、細く引き伸ばす過程で油を使用しています。
つまり表面に油がコーティングされている状態なんです。
更に、そうめん1人前100g(乾麺の状態)のカロリーは、およそご飯2杯分のカロリーに匹敵します。

②ついつい食べ過ぎてしまう
そうめんは塩分を大量に含んでいるので、食欲を増進させてしまいます。
あまり噛まずにツルっと食べられてしまうので、満腹中枢が刺激されず、満腹感が得られにくくなってしまいがち。
2人前、3人前ぐらいペロリと食べられてしまうので要注意です。

③栄養バランスが悪くなりがち
そうめん単体だけで頂くことが多いかもしれませんが、これは麺をたくさん食べてしまいカロリーや炭水化物の摂りすぎになるのでお勧めできません。

④夏バテになりやすい?
そうめんのように、冷たくて水分が多いメニューというのは、体を冷やすので血液循環が悪くなり、代謝も落ちヤセにくい体質になってしまいます。
つまり、食欲がないからと言ってそうめんばかりを食べていると、代謝が落ちて太りやすくなるばかりか、同時に夏バテも引き起こしてしまいます。

そうめんを食べる時、太る前に気を付けたいこと

そうめんを食べるときは、単体ではなく付け合せを意識して食べるようにしましょう。
ビタミンB1.B2が多く含まれる豚肉や納豆、卵、クエン酸が多く含まれる梅干しやお酢、レモンなどと一緒に食べると、太りやすく夏バテになりやすい状態を回避できると言われています。
ネギやショウガなどの薬味もうまく利用して、体の冷えを回避しましょう。

関連記事