ラクして痩せたい!皮下脂肪をメラメラ燃やす漢方薬ダイエット

ラクして痩せたい!皮下脂肪をメラメラ燃やす漢方薬ダイエット

なかなか落ちない皮下脂肪。運動は大変だし、怪しいクスリを飲むのはイヤ。そこで注目したいのは、由緒正しき【漢方薬】! さらに、ダイエット効果を引き出す食事法もご紹介。漢方薬と食事法の合わせ技で効率よく痩せましょう!

【防風通聖散】が脂肪を燃焼・分解してくれる

防風通聖散は、お腹周りの脂肪を分解燃焼させる働きがあるとされ、他にも便秘などに効果を発揮するとされる漢方です。
カンゾウやレンギョウなどの脂肪の代謝を助ける成分や、老廃物を体外に排出するダイオウ、などの生薬が18種類も入っています。
そもそも肥満は、摂取カロリーに消費カロリーが追いつかないことから起こります。単純に、食べる量を抑え、摂取カロリーを減らせばいい、とは言っても、いきなり食べる量を減らすことは、体に大きな負担を掛けてしまう上、ストレスも溜まりますよね。

だから、体に優しい漢方の力を借りましょう。

食事にも気をつけると尚効果アップ

細かいカロリー計算や、実践しにくい食事メニューにする必要は実はあまり無いんです。
食事で気をつけたいのは、以下の3つ。

1)まずは生野菜を良く噛んで食べる
2)ワンプレートのものはなるべく避ける
3)乳製品・卵・脂っこいものは控える

「まずは生野菜を良く噛んで食べる」
生野菜は噛み応えがあるので、必然的に噛む回数が増え、食べるスピードもゆっくりになります。野菜の酵素が消化を助ける、などの働きも言われていますが、生野菜を最初に食べる利点はこれ。
最初に生野菜を食べる習慣をつけることで、食事を慌ててかき込むことなく、ゆっくりと食べる習慣が自然と身に付いてきます。

「ワンプレートの物はなるべく避ける」
ワンプレートのもの、例えば、丼ものなどもそうですが、食事をする際に、なるべくワンプレートのものは避けるようにしましょう。
パスタや丼ものなどは、そもそも野菜の摂取量が少なくなりがちで、またそのままズルズルと食べてしまえるので、早食いになりがち。なるべく副菜に生野菜のサラダなどをつけるようにしましょう。

「乳製品・卵・脂っこいものは控える」
乳製品には、カルシウムなどが豊富に含まれているので、体に悪いわけではないのですが、例えば、牛乳やチーズ、卵などはそれ単体で食べなくとも、他の食べ物に含まれているため、意識せずにいると、案外一日の摂取量が多くなりがち。例えば、パンなどはその代表で、パン一つで乳製品・卵・脂質が全て含まれています。
意識してこれらを控えるくらいで、摂取量は丁度良い分量になるものです。

上記の3つは、気負わずにすぐ出来ることばかりですが、漢方の脂肪燃焼・排出の力との相乗効果が期待できます。
是非明日から取り組んでみてください。
痩せる漢方薬! 【防風通聖散】で無駄な脂肪をキチンと落とす

関連記事