夏の冷えは思った以上に深刻! 冷房病にならない為の解決法

夏の冷えは思った以上に深刻! 冷房病にならない為の解決法

暑い夏には頼りたくなるし、頼らざるを得ない冷房。
今年からはもっとしっかり冷房対策をし、今までより快適な夏を過ごすヒントをご紹介します。

思ったより怖い冷房病の解決法

暑い夏には頼りたくなる冷房。
しかし、それは世の中で言う冷房病をもたらし、身体にかなりの負担をかけてしまっています。
では、具体的にはどの様な負担があるのか改めて見ていきましょう。

①乾燥
エアコンの風により、お肌の乾燥だけでなく、目や口の中など粘膜まで乾燥させてしまいます。
エアコンの風に負けて、のどが痛くなってしまった経験がある人も多いのでは?

②冷え
言うまでも無く、冷房に直接当たると体温が下がります。
体温が下がると、血流を悪くし、肌や内臓にも栄養が届きにくくなってしまいます。

③自律神経失調症
冷房による体の冷えすぎにより、冷房の効いた室内と、暑い屋外との温度差に身体が付いていけなくなり、肩こり、頭痛、むくみ、神経痛、不眠、頻尿など様々な症状を引き起こしてしまう可能性があります。

冷房病を解決する為に出来ること

寒がりな女性や、自律神経の働きが不安定な乳幼児が特に注意したい冷房病。
ここで冷房と上手に付き合い、快適な夏を過ごすためのヒントを挙げていきます。

①オフィスや電車内など冷房が効きすぎている可能性がある場所に行くときは、カーデガンなどを持ち歩き、いつでも自分で体温調整できるようにしておく。

②屋内と屋外の温度差を5度以内にする。

③毎日しっかり湯船につかる。

④身体を温める際は首、お腹、足首を中心に温める。

⑤ホットミルクや生姜などを摂取し、身体の中から温める。

⑥冷房の風が直接当たらないようにする。

⑦家の中やオフィスなどでは冷房を必要以上に効かせる人と話し、温度調整をしっかりする。

⑧冷房をつける際は加湿器などを使い湿度を保つ。

暑い夏を乗り切るためには冷房は欠かせないのが事実。
冷房病にならない為には、自分自身の心掛けも大切です。
今年の夏からは、今まで以上に冷房と上手に向き合っていきたいですね。
関連キーワード

関連記事