アロマで虫退治! 蚊に刺されない魔法のアロマオイルとは?

アロマで虫退治! 蚊に刺されない魔法のアロマオイルとは?

蚊に刺されたくない!痕を残したくない!でも、草っぽいニオイや染みる薬は使いたくない!という、おしゃれ女性必見のアロマで虫よけ・虫刺され対策をご紹介いたします。

虫に刺されるとどんな症状になるの?

【 虫刺されとは…】
蚊、ダニ、ハチなどの虫が人間の皮膚を刺し、咬み、または人間の血を吸うことによって痛み、かゆみ、赤み、腫れなどが生じることです。

【 なぜ、赤く腫れるのか 】
虫が皮膚を刺したり咬んだりしたときには、虫が持っている毒成分・唾液成分が抗原(アレルゲン)となってからだの中の抗体と反応し、ヒスタミンなどのかゆみの原因物質が分泌されてかゆみや炎症などの皮膚炎を引き起こします。つまり多くの虫さされは、虫の毒成分などに対するアレルギー反応の一つなのです。
また、毒成分が注入されるときの物理的な刺激そのものによっても、炎症が生じます。このような症状は年齢や刺された頻度、体質による個人差が大きいものですが、一般的にアレルギー体質の人は症状が強く出るといわれています。

虫に刺されない対策

市販でも虫よけスプレーや塗り薬が売られていますが、今回はアロマオイルで虫よけができることをご紹介いたします。

【 なぜ、アロマオイルで虫よけができるのか 】 
アロマテラピーで使われる、植物の花や葉、種子などから抽出した精油(エッセンシャルオイル)の中には、虫が嫌がる香りを持ち、防虫に使えるものもあるからです。


【 蚊が嫌う香り 】
・ゼラニウム
・レモンユーカリ
・ラベンダー
・レモン  

【 方法 】
<アロマスプレーの作り方>
■材料
ゼラニウム 4滴(またはレモンユーカリ)
ラベンダー 4滴
無水エタノール 5ml
ミネラルウォーター 15ml
■作り方
(1)無水エタノールを5mlはかって、スプレー容器にいれます。
(2)エッセンシャルオイルを1滴ずつ入れます。
(3)最後にミネラルウォーターを15ml入れます。

■使い方
網戸や空間にスプレーします。1時間に1回はスプレーした方が良いかもしれません。
香りはすぐに蒸発します。ベビーカーにもOK。


上記のように簡単お手軽にアロマでスプレーが作れるので、皆さんも虫に刺されない夏の準備をしませんか?
虫に刺されない夏をすごそう!
関連キーワード

関連記事