冬太り解消!少し痩せた!?と言われるための楽々ダイエット法

冬太り解消!少し痩せた!?と言われるための楽々ダイエット法

食欲の秋を超え、クリスマス、お正月と蓄えの冬。そろそろダイエット!と思っている大人女子も多いのでは?今始められる簡単ダイエットをお教えします

簡単「低GIダイエット」で無理せず痩せる!スリムボディを目指そう。

付き合いも多い大人女子。年末年始は家族や友人などと美味しいもの、美味しいお酒をたしなんだ人も多いのではないでしょうか。しかし!付いてしまったその脂肪。出来れば見たくないその脂肪。後悔先に立たず、と諦めてしまうその前に、話題の「低GIダイエット」をご紹介致します。


そもそも低GIとは何のことなのでしょうか。

GIとは食後血糖値の上昇を示す指標のことで、食品に含まれる脂質の吸収度合いを示し、血中に入る糖質の量を計ったものです。
現代人に急増しつつある肥満やメタボリックシンドロームの予防・改善の観点からも注目されています。
このGIの値が高い食品をとった時ほど、脂肪になりやすく、空腹を感じるまでの時間が長いということになり、GIの値が低い食品をとった時は、逆に脂肪燃焼を促進し、長時間空腹を感じにくくなります。
つまり、このGIの値が低い食品を中心に食事をとっていると、自然とダイエットになるわけです。


それではGIの低い食品と高い食品をみていきましょう。

米・パン・麺類
低GI食品 ()内の数値は100グラムあたりの血糖値の上昇指数を表したもの
・玄米(54)
・そば(50)
・全粒粉パスタ(50)
・中華そば(54)
・春雨(26)    
・全粒粉小麦パン(50)

GI値が高めの食品
・白米(80)
・餅(80)
・フランスパン(93)
・食パン(91)

野菜・果物類
低GI食品
・レタス(23)
・大根(25)
・アボカド(27)
・春菊(24)
・いちご(29)
・りんご(39)
・グレープフルーツ(31)

GI値が高めの食品
・じゃがいも(90)
・にんじん(80)
・とうもろこし(70)
・パイナップル(65)
・すいか(60)
・黄桃(63)

肉類・魚類、乳製品も全般的に比較的低GI食品といえます。

また、GIの値が高めといえる炭水化物を食べる時に、食物繊維やたんぱく質、脂肪などと一緒に食べると、炭水化物だけでなくお互いに吸収速度を抑え合います。つまり、バランスよく食べることによって
ダイエットにもなるということです。


さて、低GI食品を中心に食事をとって、無理せず簡単についてしまった脂肪を落としていき、すぐそこまできている分厚いコートを脱ぐ春に備えましょう!
低GI食品はいくら食べすぎても太らない奇跡の食品ではないことには注意!
冬太り解消!少し痩せた!?と言われるための楽々ダイエット法
参考
そもそも低GIってなに?
http://www.otsuka.co.jp/health_illness/gi/question1/
筋トレ&ダイエット home body gym
http://homegym-training.com/

関連記事