スーパーフード「ぬか漬け」

スーパーフードでハッピーボディ 「ぬか漬け」編

発酵食品が見直されてきている昨今、ぬか漬けもまたしかり。まだ、ぬか漬けを始めていないなら、ぜひその良さの再確認を!
スーパーフードでハッピーボディ Vol.18「ぬか漬け」編

 ぬか漬け

Nukazuke

日本を代表する漬物であり、日本の食文化でもあるぬか漬け。米ぬかを乳酸発酵させて作るぬか床に食材を漬け込んで作るぬか漬けは、ぬかの栄養成分が食材に吸収されるため、栄養価がグッと高まります。

ぬかに含まれる豊富な栄養成分といえば、美肌やダイエットと関わりが深いビタミンB1やビタミンB2。ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わる際に必要なビタミンですので、ダイエットをサポートしてくれます。ビタミンB6はたんぱく質を肌や髪、爪などの体の成分に変える際に必要なビタミン。ビタミンB6は不足すれば肌荒れの原因になりますので、美肌のためにもしっかり摂りたいビタミンです。

その上、発酵食品のぬか漬けは植物性乳酸菌が豊富。植物性乳酸菌は胃酸に溶けにくいため、腸まで届く優れもの。野菜に豊富な食物繊維との相乗効果で、腸内環境が整い、便秘の解消、美肌効果、代謝のアップ、免疫力の向上など、さまざまな美容効果が期待できます。

[注目ポイント]
美肌に効果的

[栄養など]
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、植物性乳酸菌

次に、野菜たっぷり「ぬか漬け野菜の冷製ラタトゥイユ風」のレシピをご紹介!


ぬか漬け野菜の冷製ラタトゥイユ風
ぬか漬け野菜の冷製ラタトゥイユ風
材料(2人分)
[ ぬか漬け]
熟成ぬか床 …1kg

[ ラタトゥイユ]
トマト …2個
ナス …1本
ズッキーニ …1/2本
赤パプリカ …1/4個
黄パプリカ …1/4個
セロリ …1/4本
タマネギ …1/2個
ニンニク …1片
バジル …適量
オリーブオイル …適量
塩 …少々
ホワイトペッパー …少々
パプリカパウダー …少々

作り方
1.
トマトは表面にフォークなどで数か所に穴を開けて、ズッキーニ、ナス、パプリカはヘタを取り(パプリカは種も取り除き)、セロリは筋を取り、ぬかに一晩漬けておく。

2.
ぬかがついたままの1の野菜をボウルに入れて水でぬかを流して落としたら野菜を取り出す。

3.
トマトはヘタを取りザク切りに、ズッキーニ、ナス、パプリカは一口大に切る。

4.
鍋にオリーブオイルを熱し、潰したニンニク、みじん切りしたタマネギをしんなりするまで炒めたらニンニクを取り出して粗熱をとる。

5.
4の鍋に3のトマトを入れオリーブオイルを加えて混ぜ合わせ、塩、ホワイトペッパー、パプリカパウダーで味を整えたら、ナス、ズッキーニ、パプリカ、セロリを入れ、バジルを指でちぎって散らす。

「ぬか漬け野菜の冷製ラタトゥイユ風」の美容効果
▪ 腸内環境改善 ▪ 美肌 ▪ ダイエット

糖質の代謝に関わり、ダイエットをサポートするビタミンB1が豊富なぬか漬けを、たっぷりいただくことができる一品です。ぬか漬けの乳酸菌と野菜の食物繊維で腸内環境も整うため、ダイエット効果が期待できます。腸内環境が整う上に、肌の新陳代謝に関わるビタミンB6も豊富なため、美肌効果も高まります。

 Profile
■監修・解説文/篠原絵里佳(しのはらえりか)
管理栄養士、野菜ソムリエ、睡眠改善インストラクター。
日本抗加齢(アンチエイジング)医学会の認定指導士として、体の中から美を作る食情報を得意とし、幅広く発信している。
http://ameblo.jp/erica-dietitian/

■料理・スタイリング/マキシタユミコ
食卓コーディネーター、ナチュラルフードインストラクター。
アパレル、Web業界を経て料理の道へ。デザインの現場で培った経験を食の世界に活かし、日々の食卓を豊かにするテーブルコーディネートやレシピなどの提案を行っている。
http://instagram.com/yunmaki/

■撮影/宮澤 聡
そのままでも、もちろんおいしいぬか漬けですが、ちょっと食べ飽きたり、違った雰囲気を味わいたいときにオススメのレシピです。ぬか漬けは、毎日の食卓にぜひ取り入れたいですね!