ひと手間が小顔を作る! おすすめシェーディング方法

ひと手間が小顔を作る! おすすめシェーディング方法

“虫歯ポーズ”をしなくても、シェーディングで小顔効果!
小顔には、メイク時のひと手間が大切なんです。
Sao

意外と知らない!シェーディングのおすすめ方法とは

写真を撮るとき、頬に手をあてて顔の輪郭を隠す“虫歯ポーズ”。
手を顔に添えると、輪郭が小さく見え、シャープに見えるということで、女性たちの中で大流行しています。
中には、女子会の写真で全員が同じポーズをしているなんてこともしばしば。

しかし、虫歯ポーズは可愛いのですが、ここまで流行ってしまうと“小顔に見せたいんだな~”と周りの人にバレちゃいます。
それはちょっと恥ずかしい…。
だったら、シェーディングで小顔効果に挑戦してみませんか?
虫歯ポーズをしなくても小顔になれる、おすすめのシェーディング方法をご紹介します。

シェーディングとは?

そもそも“シェーディングって何?”という方に簡単に説明します。

シェーディングとは、メイクで顔に陰影をつけることで立体感をつける小顔に見せるメイク技です。
輪郭にシェーディングパウダーをプラスすることで顔が引き締まって見えるのです。

ハイライトと間違えている方もいるのですが、ハイライトは顔を明るく見せるのがポイントのメイク技で、Tゾーンや頬などの顔の高い部分につけますが、シェーディングは顔のサイドやフェイスラインに入れます。

では、シェーディングのおすすめ方法をご紹介します。
シェーディング方法

上手なシェーディングが小顔を作る

まずは、シェーディングパウダーの選び方から。

① マットなものがおすすめ。パール等が入っていると光に反射してしまい、逆効果に。
② 自分の肌よりも2トーンくらい暗いものを選ぶように。同系色で薄めと濃いめの2色を使うと更に良い。

それではシェーディングパウダーも選んだ所で、こちらを実践してみてください!

【シェーディング方法】
② 手の甲でパウダーの量を調節する
③ こめかみからエラが張っている部分にかけて、ふんわり影を入れる。手のチカラをぬき、軽くなでるようにブラシを滑らせるのがナチュラルに仕上げるコツ
④ 髪の生え際にもパウダーを入れ、さらに顔の面積を小さく見せるように。ブラシをヨコに動かし、2で入れたラインより少し濃いめにのせる
⑤ ブラシをくるくる滑らせて、顎に丸くシャドウを入れるように。
⑥ ブラシにパウダーをとり、鼻筋のワキにシャドウを入れて出来上がり!

ポイントは顔の奥(髪の生え際に近い部分)は濃いめの色を、顔の中心に近い部分は薄めの色を使うようにするのが良いです。顔の陰影が更にくっきりと現れますよ!
また、“少し足りないかな?”くらいでやめておくようにしましょう。
シェーディングはやりすぎると陰影がつきすぎて怖い印象になりかねません!


このひと手間が他の人との差を作ります!
小顔女子を目指して挑戦してみましょう!

関連記事