化粧水は手とコットン、どちらでつけた方が良い?

化粧水は手とコットン、どちらでつけた方が良い?

スキンケアをしている時に、あなたは化粧水はコットンでつけていますか?それとも手でつけていますか?

化粧水はつけ方が重要!

毎日のスキンケアに欠かせない化粧水。
お肌に水分を与えるのはもちろん、毛穴を引き締めたり、ニキビのケアや美白など様々な役割を果たしてくれる、美肌には必須のアイテムですよね。
そんな化粧水の美容効果を最大限に得るためには、馴染ませ方も重要になってきます。
では、化粧水はコットンと手ではどちらで馴染ませるのが良いのでしょうか。

コットンを使用するメリットとデメリット

コットンを使うメリットとしてまず挙げられるのは「化粧水を均一にお肌に浸透させることができる」ということでしょう。
素手でパパッと化粧水を付けてしまうとムラになりやすく、小鼻のすみや髪の生え際周辺などには付けられていないこともあります。
また、お風呂上りなどは手に細菌がついている可能性があり、ニキビや吹き出物ができている場合に細菌がついている素手でお手入れしてしまうと、悪化させてしまうことも考えられます。
さらに、コットンパッティングをすることで、皮膚がひんやりとして皮膚温度が徐々に下がるのが実感できると思います。
これにより皮膚の水分の蒸発を防いだり、皮脂や汗を押さえメイク崩れの防止にもつながります。

デメリットはお肌に刺激を与えてしまいがちという点。
肌の弱い人の場合、コットンが毛ばだつとそれだけで刺激になってしまうケースもあります。
敏感肌、アトピー、アレルギー持ちの人は気をつけるようにしましょう。

手でつけるメリットとデメリット

手で化粧水を付けるメリットは、体温であたたかい手で顔を包み込むように化粧水をなじませることで、より浸透しやすくなったり、肌の状態を確かめながらスキンケアできるということでしょう。
肌がごわついていたり、硬くなって化粧水の浸透が悪くなった状態などにも気がつきやすいので、早めに的確なケアができるのも良い点です。
刺激が少ないので敏感肌の人には手でケアする方が良いかもしれません。

デメリットは手のひらの凹凸により浸透にムラが出やすいという点。
また、手の体温で化粧水が温まるため、収れん化粧水には不向きと言えるでしょう。

自分の肌質を判断して使い分けよう!

上記のようにどちらもメリットとデメリットがあるため、好みや自分の肌に合わせて使うのが正解だと言えるでしょう。
例えば敏感肌やニキビ肌なら手で、手の細菌が気になったり、スキンケアアイテムを均一に浸透させ無駄なく使いたい方はコットンといったように、自分の肌質や目的に合わせて判断するのが良さそうです。

せっかく使う化粧水、どうせならムダなく最大限に効果を発揮させたいですよね!

手とコットンのメリットとデメリットを理解した上で、自分の肌の状態や気分に合わせて上手く使いわけてあげましょう。

関連記事