要注意! 朝食に甘いものは様々な不調を引き起こす?

要注意! 朝食に甘いものは様々な不調を引き起こす?

ダイエットのために朝食に甘いものを食べたり、時間がないからといってお菓子や菓子パンを朝食にしていませんか?
実はそれ、様々な不調の原因かもしれません…

血糖値の急激な上昇を招く、甘いもの

夜寝てから朝起きるまでの間、食事をとらないため体は空腹状態に。
そんな空腹時の朝一番に口にした物は、体への吸収がとても速くなってしまいます。

糖分がたっぷりの甘いものを朝に摂ると、それが体に吸収され、血糖値が急激に上昇してしまいます。
こうして体内の血糖値が急激に上がると、インスリンが膵臓から分泌されて血糖値を下げようとする現象が起きます。
このインスリンは、余分な糖質を脂肪に換えて体内に蓄積する形で血糖値を下げていくので、インスリンが大量に分泌されると脂肪が増える一方で血糖値は下がり過ぎて「低血糖状態」になってしまいます。

低血糖の主な症状には「頭痛」「震え」「眠気」「ふらつき」「倦怠感」「動悸」「冷や汗」「生あくび」などがあります。

朝元気を出すために甘いものを食べているのに、逆に疲れやすかったり眠気が襲ってくる…なんて人は低血糖状態を引き起こしているのかもしれません。

また、急に上がった血糖値は、急に下がってしまうという特徴があります。
そうすると、またすぐにお腹がすいてしまい、さらに甘いものに手が伸びるという、悪循環に陥ってしまうのです。

血糖値の急上昇、急降下を繰り返すと、腎機能が低下したり、糖尿病のリスクが高くなることもあるので要注意です。

甘いものを食べるなら朝食後に!

どうしても甘いものが欲しい場合は、それをご飯代わりにするのではなく、きちんと朝ごはんを食べてから食べるようにしましょう。
食後であれば、すでにインスリンがある程度分泌されているので、脂肪を蓄えようとする働きが低くなります。
血糖値の急上昇や急降下も避けることが出来ますし、単純に満腹感から少量の甘いものでも満足感が得られ、食べすぎることも防げます。

甘いものはご飯として考えてはNG

お腹が空いているときに糖分を体が欲するのは自然な現象ですが、甘いものはご飯の代わりにはなりません。
菓子パンやお菓子は手軽ではありますが、長い目で見ると、危険極まりない食習慣だと言えるでしょう。

健康な体のためにも、タンパク質(卵や乳製品)、ミネラル(果物やサラダ)、炭水化物(米、パン、麺など)を少量ずつでも摂るような食生活にしていきましょう。

関連記事