美肌に導く成長ホルモンの出し方

知ってた?美肌に導く成長ホルモンの出し方

ちょっと意外な成長ホルモンの出し方を、そのメリットと共に健康マニアの筆者が本気でお伝えします。表面的なケアだけでなく、本質的なケアを大事にする方必見!

敏感肌、金欠でも実施可能!誰でも綺麗に磨きがかかる意外?な方法

あらゆる世代の女性の願い、美しくあること。
世間では次々と新しく化粧品が発売され、情報は氾濫しています。「安いだけの化粧品は不安・・・。でも、高価な化粧品も全て試すことは出来ないし、どうしたらいいの?」とお迷いの方も多いのではないでしょうか。
化粧品はどんどん新しくなっても、私たちのからだの仕組みはひとつ。外から加えるケアだけでなく、からだの内側の仕組みを知って、美を磨いてみるの重要な美容法のひとつです。
そこで、今回は美肌を助ける成長ホルモンの効果的な出し方と、それによる嬉しい効果をご紹介します。

そもそも成長ホルモンって?

思春期の子供達が成長する際に分泌されているホルモンであり、私たち大人も実は下記のような恩恵にあずかっているものです。

①代謝を上げて、脂肪や余分なエネルギーを溜めないからだ作りをする
②からだの補修をし、美肌に導く

①に関して補足ですが、「脂肪や余分なエネルギーがたまっていく」のは即ち体型のくずれ、むくみのおこりやすい状態に繋がる危険な状態ということ。美を目指す女として、見過ごすことは出来ません!

しっかり成長ホルモンを出していきましょう♪

大きくわけて、出し方は2つ。

①夜10時~2時の間に睡眠をとる。
とっても有名な話ですね。ただ、細かく言うと「食事後2~3時間おいて血糖値を下げてから」なので、食べてすぐ寝るのはNG。

今回お薦めしたいのはもう一つの方法。

②筋肉をつけること。
軽く運動をするだけでもいいのですが、運動の強度が上がる程、筋肉痛になればなるほど、傷ついた筋肉を回復させようと多くの成長ホルモンが分泌されます。

それにより、トラブルのある肌を補修しお肌のターンオーバーを促す美肌効果、 筋力アップと代謝の上昇により痩せやすい体に。また美シルエットに導く天然のガードルが出来上がる事にもなります。

低コストで肌質にも関係なく、全女性が美に近づけるとは筋肉痛、あなどれません。これを使わない手はないでしょう…!

自宅で出来る体型目標別の美肌筋トレメニューをご紹介します。

【全身のシルエットや脂肪太りが気になる!】
太もも、大腿筋を鍛えます。
→体内で最も広い面積を占める太ももの筋肉を刺激することで、より沢山の成長ホルモンを効率良く分泌できます。

・強度軽め、運動しなれていない方用
スロースクワット
①床の上に肩幅くらいの間隔で立つ
②両手を肩の高さまでまっすぐ上げる。
②膝をゆっくり曲げながらスクワットをする。
この時、膝が自分のつま先より前に出ないようにすることと、尾骨が下がらないように注意すること。

息を大きく吐きながら、1回のスクワットで3~5秒くらいが目安です。
なるべく良い姿勢を保ちながら、1日に10回程度やってみましょう。

・強度強め、運動しなれている方用
片足スクワット
①椅子を用意する
②片足で床に立ち、もう片方の足は椅子の上に後ろに伸ばす
③床に立った方の足をできるだけ曲げて、勢いをつけて飛ぶ

正しい姿勢を保ちながら片足30回ずつ繰り返します。

筋トレ後は何をすると効果的なの…?!

是非知っておいて欲しいことが、ふたつ。
ひとつ、タンパク質を十分に摂ること。
筋肉の組成要素ですので、しっかり補給してあげて下さい。
代表的な食べ物は大豆製品、肉魚類、卵。プロテインを活用する手もありますね。
ふたつ、30分以上の有酸素運動。つまり歩く。
代謝が上がっている状態で有酸素運動をすることで脂肪を燃焼出来、体に出来た乳酸(疲れ)をエネルギーとして使い切ることで体に疲れを残しません。
せっかく筋肉を良い具合に痛めたなら、上記もセットで意識されると更に美肌美ボディに近づきますよ。
始めた人から美肌になる筋トレ、ぜひお試しくださいね。

関連記事